TAB 多読 -tadoku and beyond!-  

いっぱい読んでたっぷり聞けば、英語はかって出てきます!

  

2014/01/06

文科省が英語と呼ぶのはEnglish or Englishes?

Since I've been supporting some indie projects with my English translation, and because the target audience of our products is those people who speak English as a native language, I tended to let myself get used to so called standard English, which we learners of English are familiarized with in textbooks of mega publishers like Penguin or Oxford.

At the same time, I've been quite aware of the fact that there is a variety of Englishes nowadays and they are somehow different from the English I know of. Spanish speakers use a certain kind of English that sometimes is produced based on their mother tongue Spanish grammar or words, and another Canadian friend, who is originally from a country in East Europe, uses her own English, which is grammatically correct but still got some influence of her native language. 
  
At an English conversation cafe, I got to know some people from Africa, Russia, India, and Spain, and again I noticed the conspicuous difference of their ways of speaking English or their choices of words and expressions. 

Yes, there are various kinds of English in the world; aka Englishes.

Here, I got curious about the English we learn as compulsory education in Japan. Are we supposed to learn a specific kind of English at school, or supposed to be familiar with Englishes spoken across the world?  The answer should be in
新学習指導要領 外国語

At the near bottom of the guideline, it says 「広い視野から国際理解を深め,国際社会に生きる日本人として・・・」, therefore I believe we're not supposed to be able to use a certain kind of English such as American English or British English. But at the same time there are some mentioning that I found very problematic and might cause confusion among English teachers; 「現代の標準的な発音」「基本的な英語の音声の特徴をとらえ,正しく発音する」

I don't know what 「正しい」 means here. What is the 正しい pronunciation? What should I have to do to pronounce English 正しく?I'm afraid this guild-line itself clearly mirrors the commonly shared perspective among Japanese towards English; there must be widely used, ideal, correct English in the world.

I'm so sick of hearing 正しい concerning the usage of English. 
“Perfection is like chasing the horizon. Keep moving.”
 is what Neil Gaiman says about writing and I think it holds totally true when it comes to language learning. 

Anyway, I'm thinking my focus this year should be the study of world Englisher or international English, and this is a video for those who have never heard of those expressions before. 

2 comments:

  1. こんばんは。面白いビデオの紹介ありがとうございます。ただ,Americanばかり聞いている私にとって聞き慣れていないBritishなので,音に慣れるまでに何度も繰り返し再生してしまいました。

    で,文科省のいう英語ですが,指導要領の記述が,戦前はBritish,終戦直後はAmericanで,その後「アメリカかイギリスの教育のある人々の英語」と変わり,70年代後半に英米のどちらと明言せず「現代の標準的な英語」という表現になったようです。ちょっと前に読んだ「ジョンブルとアンクルサム」(研究社)の89ページにそんな記述がありました。なので,おそらく70年代後半からそのまま現在に至る,ということで,文科省的には「現代の標準的な英語」=「American or British」ということなんじゃないでしょうか。多少イギリス的な要素があるとはいえ,実際のところ,学校英語はアメリカ英語なのでしょうけど。

    そういえば,ビデオにあった「南アフリカのrobot」,オンライン辞書のgoo英和にちゃんと載っていたのでちょっと驚きました。

    ReplyDelete
    Replies
    1. こんにちは!
      私もどちらかというとアメリカ英語に慣れているので、British系は苦手なのですが、それでもpodcastでBBCを聞いたり、one directionというイギリス出身のグループの歌を聞いたりしていると、かなり慣れた感があります。慣れが解消してくれる部分はとても大きいです。英語とスペイン語に超堪能な友人も、ドラマを見る時、最初の30分ぐらいはよく分からずに見ておく、そうすると次第に耳が音に合ってくるんだと話していました。あと娘も同じようなことを言ってました。
      (学校では、ディクテーションを、それも完璧にするように指導されますから、慣れる体験をしたことがない人も多いのかもしれません。)

      ご紹介いただいた本は、小説かなと思ったら違いましたね。これは面白そうです。さっそく図書館にリクエストしました。アメリカの方言を調べた英語の本で、けっこう最近話題になったのがありました。うーん。すぐには思い出せませんが、見つけたら投稿します。あとこのラジオ番組も方言の話題がよく出ます。http://www.waywordradio.org/

      私は変わった表現を見つけた時には(日本では、とってもマイナーなジャンルの本をよく読むもので)、http://www.urbandictionary.com/ のお世話になっています。ここにもrobotありますね^^

      Delete