TAB 多読 -tadoku and beyond!-  

いっぱい読んでたっぷり聞けば、英語はかって出てきます!

  

2013/10/10

英語を使っている先生が必要だよ

日本の英語ビジネスの巧妙さに薄々気付いている人は、きっと多いことでしょう。 いくらなんでも、書店に並ぶTOEIC本の山は、尋常な数ではないですもんね。 でも、そうした英語ビジネスよりも、ずーっとタチが悪いのが。。。
「英語教育界」かもしれません。 

学校の先生の中には、

「まだまだ」「もっともっと」勉強しないとダメだ!

という脅迫めいたメンタリティーを、生徒や他の先生たちに植え付けることを仕事にしている人がたくさんいます。
電子書籍にも書きましたけど、こういう弱気なマインドセットになると、
いくら勉強をしたところで、絶対にリアルな英語の世界には出ていけません。
思い切って出てみたところで、いくつか痛い経験をしては、
「やっぱり勉強が足りないんだ」という結論を導き出してしまうことでしょう。
英語を使えるかどうかは、「心の持ちよう」、これがとっても大切。

でも、英語の先生はそれはそれは「無邪気に」、おそらく自覚さえもなく、
悪い方へ悪い方へと、自分と一緒にみんなを引きずり込んでいくのだから、
始末に負えません。。。いやはや。
(この「無自覚」にやってしまう唯一の原因は、
 自分自身で英語を実際に「使う」経験の欠如、これだけです。)

ではここで、実際に弱気なマインドセットが強化される様子を見ていきましょう。
・・・・・

とある超有名な英語の先生のブログに、こんな英文がのっていて、
(それは誰?と気になる方は、buddyブログのこちらをどうぞ)
Work slowly until you learn the ropes.
That healthy cola sold like hot cakes.
You don’t need to reinvent the wheel.
The company knocked it out of the park with the goods.
The information about the new PC spread by word of mouth.
これを知っていますかと問いかけられていました。

私は知っているし自分でも使うのは最後の例だけ。
他はイディオムの本などで見かけたことがあるので、まあなんとなくわかるけれど、馴染みの少ないものが多い。
そこで、高等教育を受けているネイティブの友達に、
こういう表現は実際に使われているのかと聞いてみました。これが返事。

”Yes, I think those are all very common expressions that business people would use and pretty much all English speakers would understand. Only "to sell like hotcakes" seems a little bit dated to me, but not so much that it would seem strange to use. (I think it's an older phrase to start with, no one calls pancakes "hotcakes" anymore.) 
Your question reminded me of an AskMetafilter thread about business jargon that is popular lately, which you might find interesting: http://ask.metafilter.com/232828/Examples-of-cliched-business-speak-in-the-US Most of the examples people give are very different from the expressions on your list, though. For your list, everyone in America will know those expressions, whether they work in New York City or in a business in the country that employs three people. Most of the words and phrases people mention in this thread are very new, very specific to the tech industry and probably won't last as long as the expressions you listed. (A lot of them, I don't even know what they mean!) So I thought you might find that interesting ."
というわけで、アメリカで使われる表現であることは間違いないようです。
で、ここからが問題。

ブログを書かれた先生は、こういう表現を忘れてしまっていたから、
「しっかり復習しよう」と思われたそうです。
みごとに「まだまだ・もっともっと」なマインドセットを強化していかれる。
勤勉な日本人であるがゆえの「罠」、悪循環の典型。

しかし、私はそうした結論は導き出しません。
私が考えるのはこうです。

イディオム的な表現は、
英語ネイティブ中心の社会で生き抜いていかなければならない人には必要。
アメリカやイギリスに渡って仕事をするのであれば、イディオムの本を時々眺めたりされるのもいいでしょう。例えばこんなの
でも、
英語ネイティブと非英語ネイティブがまじる、国際色豊かな環境で英語を使うのであれば、イディオムはその時に流行っているものを知っておけば十分。
むしろイディオム的な表現を使うと、誤解が生じやすいので(相手が知っているとは限らないから)、使わないほうベターというのが国際社会でのマナーじゃないか。

このような見方は、アメリカやイギリスにしか意識が向いていない指導者には思いもよらないことでしょう。
しかし、実際にいろんな国の英語話者と仕事をしている人であれば、
賛成していただけるのではないでしょうか。
・・・・・

というわけで結論としては、
これからの英語の先生には、語学オタクや教授法ばっかり勉強している人はあまりいらない。
それよりも、リアルに暮らしの中で英語を使っている人が必要、ってことじゃないかな。

2 comments:

  1. 問題はそういう方々(英語を日常的に使う)は、学校勤務などしてくださらないでしょう。窮屈すぎてね。。。。

    ReplyDelete
  2. たしかに多くはないだろうけれど、教員になるための要件(一番は年齢かな)を緩くすれば、改善されることもあるような気がします。まずは大学のいろんな学部で、英語の教員免許取得を可能にするところがスタートでしょう。

    ReplyDelete