TAB 多読 -tadoku and beyond!-  

いっぱい読んでたっぷり聞けば、英語はかって出てきます!

  

2013/05/19

英語ムラ住民 


本屋に行くと、こんな本が山積みされています。 
爆笑! 英語コミックエッセイ  日本人のちょっとヘンな英語
  • 作者: デイビッドセイン,中野きゆ美
  • 出版社/メーカー: アスコム
  • 発売日: 2012/01/30
  • メディア: 単行本
  • クリック: 80回
  • この商品を含むブログを見る
 帯には、こんなマンガがのっています。
日本人女性が趣味を聞かれ、「街をブラブラするのが好き」と言いたくて、"I like street walking."と言いました。しかし、セイン先生によれば、street walkingは「売春」という意味らしく、こんなこと言ったら売春婦と思われる、ってオチです。

本当に、全世界でstreet walkingが「売春」という意味になるのでしょうか。(今調査中です。ただし、辞書なんて使いません。いろんな国の人に聞いてみます。)そんなわけないでしょ。もし、このセイン先生の出身国(調べる気にもならん)で、そういう意味になるとしても、英語はその国だけで使っているわけじゃないのです。英語は今やInternational Languageです。もしそうじゃないとすれば、日本の公教育で必修科目にしてはいけません。あくまで「国際共通語」としての英語なのです。

こういう論文もあります。

この部分読んで見てください。
How English develops in the world is no business whatever of native speakers in England, the United States, or anywhere else. They have no say in the matter, no right to intervene or pass judgement.「世界中で英語がどんどん変わっていきます。しかし、イギリス人、アメリカ人、その他どこの国のネイティブ・スピーカーも、その変化に対してああだこうだ言う権利などないのです。」

また、L. Smithって人の、1976年(!)の論文にはこう書かれているようです。
The educational goal of learning an international language is to enable learners to communicate their ideas and culture to others. 「国際共通語として英語を身につけることは、自分の考えや文化を英語を使って相手に伝えられるようになることである。」

セインとかいう人に、「street walkingは売春って意味になるよ。」 と言われたら、「あのね、日本は売春婦がストリートをうろうろしているような淫らな国じゃないの。あんたの国はおかしいんじゃないのか?」と言い返してやればいいのです。

逆に考えてみましょう。

日本語を学習している外国人に、「ねえ今日テニス一緒にやらない?」と聞いたら、「はい。すごくあなたとヤりたい!」と答えました。このときあなたは、「あのね、『あなたとヤりたい』という言い方は、『あなたと性交渉を持ちたい。』という意味になるから使わないようにね。」って言いますか?

古典的な例ですが、riceの"R"の発音を"L"でやると、レストランでご飯を注文したらノミ(lice)が出てくる、というのがありましたよね。レストランで「ノミ」がメニューにあるのか!レストランで堂々とLICEって言えばご飯が出てくるに決まってるでしょう。

本当に、日本人は「英語」に関しては悲しいまでに正常な思考力を失ってしまうのです。これも「英語ムラ」の洗脳です。セイン先生は、こんな本を「20万部!」も売って大儲け。いいんですか?

2 comments:

  1. びっくり、素晴らしい。全く英語は話せないのに、何故か心が通じるブログに出会いました。管理人様に英語を教えて欲しかった無職の老人のコメントでした。

    ReplyDelete
  2. tsuguo-koderaさん、コメントをありがとうございました。ブログの共同運営をしているMrsMaloneです。最近は記事の更新が滞ってしまっておりますが、これからもよろしくお願いいたします。

    ReplyDelete