TAB 多読 -tadoku and beyond!-  

いっぱい読んでたっぷり聞けば、英語はかって出てきます!

  

2013/02/16

English Teachers and Technology

TSJです。

最近、若い英語教員の方と話す機会が多いのですが、案外、というかSurprisingly、若い方がDigital音痴なんですよね。

なんか昭和的でいいな、とも思うのですが、英語教員がそれではいけないと思うのです。

インターネットのせいで、今や、英語が完全に「国際共通語」になってしまっています。

高校生や大学生は自由自在にgadgetを使いこなします。

英語教員が、gadget使えない、gadgetを拒絶するってのは今やあってはならないことです。

批判ばかりじゃしょうがないので、昭和な英語教員の方にも簡単に使えるchipsをご紹介します。


①Twitter

とにかくアカウント作ってください。メールアドレス(ヤフーやgmail等のフリーメールで結構。Twitterのためだけに新しくつくってもいいです。)があればOK。実名も出さなくて良い。あとは指示通りやってけばできるはず。

そして、上の方のsearchボックスに、こんなのを入れて見てください。

@Oreryutsj

これ私のアカウント。すると、私のプロファイルみたいなページになります。そこのフォローをクリックすれば、私のツイートが読めるようになるって寸法。いや別に私じゃなくてもいいですよ。

私のおすすめは、

    →New York Times日本支社のタブチ記者。
 →同じく、NYTの日本支社のFackler記者。

あと、脳科学者の茂木さんも英語に関して面白いツイートをしてくれます。私のプロフィールの「Following」のところを見てみてください。

好きな俳優とかアーティストとかスポーツ選手とかフォローするのもいいでしょう。

さて、Twitterのいいところは、Webページのリンクを貼ってるものが多くて、そこで本格的に読めるってこと。ただし、スマホやiPhoneでWebページを読むのはしんどい。

そこで登場するのが、kindleです。これくらい知ってますよね?知らないか。

kindleってのはamazonの電子ブックリーダーのこと。でも、amazonが出している機械を買わなくても、iPhone, iPad,Androidのスマホやタブレットをもっていれば、kindleというアプリを入れて、電子ブックが読めます。

電子ブックはまぁ買ってみればすぐわかるからいいでしょう。

すごいのは、Webページを電子ブック化して自分の端末に送ってくれるサービス。

Send to Kindle

ってやつです。これを使うには、ネットを見るときに、Internet ExplorerではなくGoogle Chromeってソフトを使う必要がある。まずPCにGoogle Chromeをインストールしましょう。(業界連絡→TAIMSでもできますよ。)そしてChromeを開いて、send to kindleをインストールすればよい。

そうすると、Webページを見て、「あ、これ後で読もう。」と思ったものを、自分の端末に「読みやすい」形式で送ってくれるのです。グラシアス、Kindle。

(上のリンクの説明が「わからない。」という人は、日本語力および英語力なさすぎです。がんばって。)

これだけで、英語を読む量が劇的に増えます。Send to KindleはPC用のもあって、これも使いこなすと、pdf形式の論文やwordファイルも自分の端末に送って読むことができますよ。

あと、Chromeにはほかにも使える機能があります。

Weblioポップアップ辞書

Webページで英語読んでいるときに、マウスをかざすと、辞書の小さい窓が出てくるというもの。

受験対策などはこれでばっちりです。学校のPC教室の生徒機にインストールして、新聞記事等をガンガン読ませる。Weblioで自分のアカウントを作れば、個人の「単語帳」もできるので、後で単語だけ復習することもできます。

生徒にやらせる前に、自分でもやってみてください。

あとは、教室でも使い勝手のいいBluetooth(ワイヤレス)スピーカー。

これがおすすめ。ぜひ学校で買ってもらいましょう。

音質音量とも最高。自分のiPodやスマホに、いろんな音声を入れておいて、教室で思いついたら再生できます。コードもつながなくていい。充電式なので、職員室で充電しておけば教室にはこれだけもっていけばいい。重たいCDプレーヤー持ってくなんて、昭和の話です。

教室に液晶テレビがある学校も最近では多いでしょう。だとしたらこれを使えば、ワイヤレスで、スマホやタブレットから映像と音をテレビに送れますよ。もちろん、ノートPCからでもOK。

このブログでもトップページ右下に、「授業で使えるリンク集」ってのがあります。

もう、教科書と問題集なんて捨てましょう。

おもしろい英語素材なんて世界中に転がっている時代です。Technologyは楽しむためにあるのです。

え?機械音痴には頭が痛くなる?いやいや何事も「努力」が大事です。英語みるだけで頭痛くなるって生徒にも「努力しなさい。」って言ってるでしょ?だったら自分もやらなきゃ。高校生ができることもできないんだったら、教師失格ですよ。

6 comments:

  1. TSJさん、あなたは何てものを紹介してくれているんだ?! ほしい。。。スピーカー。。。

    ReplyDelete
  2. むちゃくちゃいいです。宣伝ではないが。娘と毎日取り合いになっている。

    ReplyDelete
  3. TSJ先生、昭和な私もやってみようかなと思える紹介ありがとう!
    スピーカーかっこいいですねえ・・・。

    ReplyDelete
  4. Please don't call me sensei, if you don't mind...

    ReplyDelete
  5. Send to Kindle ダウンロードしました!少しずつ世界が広がる感じ~。他のIT illiterateの方も是非!

    ReplyDelete
  6. TSJ. I had an workshop for teachers. I had after session party with some of them. One of them told me his colleague ALT uses iPad during extensive reading session. I will visit his class soon.

    ReplyDelete