TAB 多読 -tadoku and beyond!-  

いっぱい読んでたっぷり聞けば、英語はかって出てきます!

  

2012/11/16

学校で英語を「使う」ってこと Use English at school...

ごぶさたしてます。すいません。TSJです。

学校ってのはなかなかやっかいなとこですが、発想を変えて「英語を使う」って場にしようとするとおもしろいこといっぱいあります。

たとえば、多読授業。

生徒がこないだこんな本をもってきて、「これちょーおもしろい!」と言ってきました。
I Want My Hat Back (E. B. White Read-Aloud Award. Picture Books)
I Want My Hat Back (E. B. White Read-Aloud Award. Picture Books) 
単なるかわいい絵本ではなく、「え!」というサプライズが最後に待っている。そしてその絵がまたアートなんです。

そこで、別の生徒に、「これなかなか泣ける話だぞ。」とウソ言って読ませると、「何これー!ぐろい!」と騒ぎ出す。

もちろん「英語」の授業ですが、「お勉強」という要素はありません。これも英語を純粋に「使っている」のです。

また、私は毎回授業のはじめに、Twitter in Englishといって、2~3分のフリーライティングをやらせてます。

こんなやりとりもあります。

I hate you. In the last class, you okotta very much to Yoshino. But she is NOT bad student. She is my friend. I NOT NEVER forgive you. M×××F×××! So, i don't write anything to you. I don't understand the meaning of writing this.

日本語で書かれたら、当然「指導」対象となるわけですが(笑)、私はこんなコメントを書いておきます。

If you don't want to write, you don't have to. Anyway, you get a good mark on the test. So, you get good grade. Satisfied?


そしたら、次にこんなん書いてきます。

OK. I'm stressed. You're stressed But you don't care so I don't care. Just only twitter in this and just write. It's fine.

また別の生徒は、

I argued with my mom yesterday. After all I hate her. I never love her anymore. I don't want her love. Now, I have a lot of friends. They are very good persons than my mother. Today's morning, her brought my iphone. I'm sick of her now. I don't want to see her face again. I don't wanna think  she is my mother.

教育の専門家は「こういうサインを見逃してはいけない!」というんでしょうが、この生徒は担任としっかり信頼関係にあることを知ってる私は、

Great! So now you are a grown-up woman! And you have wonderful friends you love!

ってさらっとコメントしときます。

最初は、「時間とられて大変だ。」と思ってましたが、読んでコメント書くのが今ではストレス解消になるくらい楽しいのです。

今までの私、また、現時点でほとんどの英語教師なら、「ここが文法が間違っている」という視点で「添削」してしまうでしょう。でも、そもそも添削したら、生徒が、ここまで英語で「本音」を書けるようにはなりません。

でも、「使わなきゃ意味がない!」という発想でやれば、高校生、それも中学校では「英語が得意じゃなかった」生徒が、2年でここまで「使える」のです。

やはり、「日本人は英語ができる!」んですよ。

P.S. この英語を見て、「こんな間違いだらけの英語で大学入試は大丈夫か?」と思ってしまったあなたは、もうこのブログ見ないほうがいいです(笑)。

TSJ wrote

3 comments:

  1. ブログではお久しぶりです、TSJさん。
    さて、生徒さんとの英文やりとりを読ませてもらって、ちょっと衝撃を受けたかも?!
    この英文は言葉ですよね。伝わってくるものがある、すごい!!
    普通はこういう文章出てこないと思うんですよ。文法など勉強すればするほど、ルールにはまっていることを優先させるから、気持ちが伝わらない文章になりがち。生徒さんに教えられたかも。

    ReplyDelete
  2. 実に楽しい「使う英語」ですね。生徒さんの目が輝いている気がします。

    ReplyDelete
  3. コメントありがとうございます。

    こういうことやってみると、いかに、「学校」や「受験」が生徒の本当の力を奪っているかわかりますよね。

    ReplyDelete