TAB 多読 -tadoku and beyond!-  

いっぱい読んでたっぷり聞けば、英語はかって出てきます!

  

2012/09/04

Broken English is good enough!

Today,  I will try to experiment a new way of writing. It is call interlingual writing.
Well, I can do only two languages so that it can't be inter-lingual but please wait till I learn the third language. Today is only bilingual writing.

Note: Interlingual writing idea is from a poet, Sawako Nakayasu, the interlingual poet who is a trilingual, speaking  English, Japanese and French.
http://www.sawakonakayasu.net/artifactreading/

A story behind: I took one day writer's course in Tokyo a few years ago. I met this incredible poet who uses three languages freely and creatively to express her own identity. It hits me with an realization that languages can be freely played and created in an unique way.

Baliにこの夏行きました。Baliの方々は、英語がfluent. すると、我がUK出身のパートナーは、ビーチでサーフボードをレンタルしている少年に向かって、

"Where did you learn English?"

すいません。この無礼な質問。教員生活が長いと平気でこんな質問をするようになるんです。ま〜、とにかく

The boy answered,

"Junior high I learn. Why? "

すると、パートナー氏は、
"You speak English very well."

本当に、すいません。この教科書から出て来たようなフレーズ。日本が長いんで。

すると少年は、

"Need English. Business. Important. Good English. good money!"


彼の場合、 fluent in Englishというより、 fluent in communicative competenceだったのです。
He can communicate well and he can make English speakers understand what he meant.

でも、彼の英語を話す目的は十分達成されていて、問題ないですよね。
私たちも、「正しさ」ばかりに気を取られずに、通じる英語を目指していけばどうでしょう?

"English? OK! I can! "

いいんじゃない?
Baliでの空港からホテルまで、私たちを届けてくれたガイドさんの日本語もfluent。冗談まで言えてしまうほど。彼は、たった6ヶ月の講習で話し始めたそうです。

He started talking before he became fluent enough!!!

「これね。ここは、ここね。わかる?いい?大丈夫ね?問題ナシゴレンね!」
というような日本語。でも、用は足ります。彼と我々のコミュニケーションの目的は達成でした。

どうでしょう?Isn't that good enough for you?

旅先でガイドブックの表現集とかを見ながら話すのでなく、身振り手振りを加えつつ、知ってる言葉を並べて、まず使ってみたらどうでしょう?

あのBeach Boyは、彼の英語で、British Profと1時間以上会話をしてましたよ。

Why don't we?

Cheers
Chico

 にほんブログ村 英語ブログへ  

No comments:

Post a Comment