TAB 多読 -tadoku and beyond!-  

いっぱい読んでたっぷり聞けば、英語はかって出てきます!

  

2012/08/09

Do you know *free-writing*?


I was fully encouraged by the very positive post by TSJ.
In our environment which gives us extraordinary easy access to internet or whatever, we can communicate in English.  Yes, we can!

As one way of using English, I’d like to recommend you to write in English. It’s called ‘free-writing.’  What is exceptionally good about it is you don’t have to, or rather you mustn’t correct your grammatical or spelling mistakes.
And it works for shy people like me because basically you can write on your own.  Doesn’t it sound good?

You just have to feel free and write on and on.  You don’t even have to have a topic.  Prepare a kitchen timer or a stopwatch and whatever stationeries you feel comfortable to write with- a pencil, a ballpoint pen and a sheet of paper, or a PC.  In my case, I prefer a PC because it’s easier for me to type than to write every letter. J
Then set a timer.  At first, probably 5 minutes will be enough. When you start to feel that 5 minutes is too short, make it to 10, 15, and then 20 minutes.

I learned this method from MrsMalone, who I believe would kindly paste the more precise information here. (Thanks MrsMalone.)
When I first read her post in English at her own blog, I was really surprised and impressed. I’d never expected a Japanese person living in Japan write English so freely. Then she revealed the secret of ‘free-writing’ in that blog. Thanks to her, now I enjoy writing in English. I know my writing is far from perfect, but it’s alright.

If you enjoy using your target language, you’d be hungrier for ways to express yourself better, which will help you learn the language in many ways.

Now go to the kitchen and get the timer.  Happy writing!


TSJさんのポジティブな記事でなんか元気が出てきました!
インターネットはじめ、いろんなメディアに簡単にアクセスできる日本人だからこそ、英語は「できる」!

英語を使うひとつの方法として、英語で「書く」のはどうでしょう。フリーライティングと呼ばれる方法があります。フリーライティングでは、文法ミスやスペルミスを気にしなくて良い、むしろ気にしてはいけないというのが私の気に入っているところです。
そして、書くのは一人でできるので、私のようなシャイな人間にもできます。魅力的じゃありませんか?

フリーライティングは、その名のとおり、自由にどんどん書く方法です。トピックさえも決まっていなくていいんです。
時間を計るためのキッチンタイマーかストップウォッチと、何か書く道具さえあればOK。紙と鉛筆でも、ボールペンでもいいですし、パソコンで書いてもいいでしょう。私はタイプするほうが楽なので、パソコンを使っています。
タイマーをセットします。まずは5分ぐらい。だんだん書けるようになると、5分では短く感じるようになるので、10分、15分、20分と設定時間を延ばしていきます。

フリーライティングは、このブログの仲間であるMrsMaloneさんから教えてもらいました。親切な彼女がここにフリーライティングの詳しい情報を貼り付けてくれる・・・はず。初めて彼女のブログで英語の記事を読んだときは衝撃でした。日本人がこんなに自由に気楽に英語を書けるなんて・・・。その後、ブログでMrsMaloneさんがフリーライティングを紹介してくれました。そのおかげで、私も英語を書く楽しさを知ることができました。まだまだ間違いだらけですが、楽しく書く分にはかまわないじゃないですか。


学んでいる言語を使い始めると、「これはどう言ったらいいんだろう?」という疑問が自然にわいてきます。すると色んなアンテナが立って、加速度的に色んな情報を取り込むことができるようになるのだと感じています。

さあ、キッチンタイマーを取ってきて、まずは5分間書いてみましょう!


◇◆◆◇ ◆◇◇◆ ◇◆◆◇
日本語のサイトを紹介できれば親切なのですが、
個人サイト以外に日本語の紹介が見つかりませんでしたので、
英語サイトオンリーでどうぞ。
University of Missouri-Rollaの先生による説明
wikiHow
Capital Community College Foundation
AWA Pat Schneiderさんが始められた活動

Writing Without Teachers
Writing Without Teachers (Free writingといえばPeter Elbowさん)
Writing Alone and With Others
Writing Alone and With Others(上記Pat Schneiderさんの本。Patさんとは何度かメール交換させてもらいました。英語を母語としない者がfree writingをどう活用できるのか、興味をもたれていました。)
(以上MrsMaloneでした。)
◇◆◆◇ ◆◇◇◆ ◇◆◆◇

(Writer: Mamazon)   
にほんブログ村 英語ブログへ  

No comments:

Post a Comment