TAB 多読 -tadoku and beyond!-  

いっぱい読んでたっぷり聞けば、英語はかって出てきます!

  

2012/07/02

You've got a dictionary...

When you're down and troubled... and nothing is going right.

辞書なんていらねー、といいながら、使って便利な場合も確かにあるでしょう。まず、私たちが「辞書は使わない方がいい」という理由をはっきりさせときましょう。

①自然な読書じゃなくなる。
②なんでもかんでも「日本語訳」しないといけない気になる。
③辞書の「日本語訳」が、ほんとうの意味と違う場合が多い。

ってことです。この「辞書の害」についてちゃんと知っていて、必要に応じて最小限使う分にはいいんじゃないかな、と思います。

例えば、英語でニュースが読みたいとき。とある本やツイッターで、「日本の大手メディアは海外で報じられていることも報じない。」といわれてますよね。先日の「大飯原発再稼動反対」のデモも、NHKも含めた大手メディアが一斉に無視する中、海外メディアは大きく報じてました。
In Tokyo, Thousands Protest the Restarting of a Nuclear Power Plant

ためしにこんな記事を読もうかな、でも、読めないなーってときに辞書を使ってもいいかな、と思うのです。

でも、いちいち紙の辞書を引いたりすると①に陥ってしまう。電子辞書やネットの辞書は紙辞書よりはましだけど、でもめんどい。そこでおすすめなのが。。。

マウスオーバー辞書

です。

あんまり数はないのですが、調べてみてください。

私は、Google Chromeというブラウザをインストールして、拡張機能でWeblio英和辞書ってのを入れてみました。

(マウスオーバー辞書は、複数あると思うので、例えばpopjishoとか、
Chrome web store を探したり、検索して自分にあったのを見つけてください。
私は(たぶん)Auto-Translateをいれています。
単語にカーソルを持っていき、コントロールキーを押しながらダブルクリックすると意味が出ます。
余談ですが、iPhoneで読むのであればRuby Readerこうしたアプリもあります。MrsMaloneでした。)

これを使って①②に陥ることなく読めれば③も気にならないでしょう。

こんな感じで「辞書」を使うのはまー「あり」かなって思います。

あと、大学受験を控えた方なんかは、この方法でニュース記事を「ガンガン」読むといいと思います。最近の入試問題は、難関大学ほど「長文読解」が増えていますし、出典もネットで見つかる場合が多い。(Googleで"   "をつけて検索するとすぐ見つかりますよ。)だから、自分が行きたい大学の長文問題をGoogleで検索してその文章をマウスオーバー辞書で読んでみるっていいと思います。

もちろん、そういう「偏った」目的以外の場合は、やっぱ辞書は「いらない」と思いますけど。
(TSJ wrote)

にほんブログ村 英語ブログへ  

No comments:

Post a Comment