TAB 多読 -tadoku and beyond!-  

いっぱい読んでたっぷり聞けば、英語はかって出てきます!

  

2012/06/29

辞書はどう役にたたないのか

どの辞書がいいのか、という話はネットにいくらでもありますので、
今度は、経験談、辞書はどう役に立たないのか。

ネットで英語話者の人とメールしていて気付いたこと。
「あの人は、他人に興味を示さないんだよねー」
というのを、私はindifferentという単語を使って表現しました。
すると、なぜかひっかかっている様子。
どうもindifferentには、マイナスの印象が強いらしい。
結局、二人が納得した表現は、blind to others' feelings でした。

indifferentを辞書で引くと、無関心な、無頓着な、冷淡な、平気な、
と並んでいますが、
無頓着や平気、と、冷淡では、その印象にかなりの違いがありますよね。
そうした細かな違い、肌触り、ニュアンス、そういうものは、
人と人とのつきあい、それが無理なら本やドラマから、
「感じとる」しかないのです。
経験ぬきで、辞書の意味を信じて英語を使うと、思わぬ誤解が生じます。

次に、ネット辞書といえばこれ、というぐらい有名な辞書。
試しに「鼻が」といれてみてください。
どんな表現が出ますか?
花粉シーズンに、鼻がとまらなくて困っちゃうは、
My nose is runningと簡単に表現できますが、
某ネット辞書や古い辞書を使ってしまうと、
sで始まる単語にぶつかるかもしれません。

で、その単語を使うとどうなるか。
あるアメリカ人英語教師の人によると、
その単語を聞いただけで、虫唾が走るのだとか。
そういえば、その単語と似た響きの名前が、ハリーポッターの中にありました。
癖の強い人物でした。
・・・・・

辞書はほどほどに使うものです。確認するものです。
そこから学ぼうとしてはいけません。
実生活、本、DVD、映画などから直に吸収した英語だけです、使えるのは。

(Writer: MrsMalone)
 にほんブログ村 英語ブログへ  

No comments:

Post a Comment