TAB 多読 -tadoku and beyond!-  

いっぱい読んでたっぷり聞けば、英語はかって出てきます!

  

2012/06/20

発信すると気づく「害」

前々回の投稿では「害」という言葉を使いましたが、
学校で勉強することが「害」になるわけない、
そう思われた方も多いでしょう。

それで今日は、英語で発信しようとすると、
う学校英語が邪魔をするのか、「害」になるのか、例を挙げてみます。

中学で習う書き換え問題。
あれは、本当に、何がしたいのだろう?
too ~ to ...
so ~ that ...
これなんか、受験にも頻繁に出題されるパターンではないでしょうか。

で、これがしっかり定着してしまうとどうなるか。。。

「とても ~ で、... できなかった」
というタイプの文章に出会うと、即、この二パターン、
too to, so that が頭に浮かんでしまいます。

しかしです。
そういう意味合いを出したければ、何もこの形を使わなくても、
文章のタイプに応じて様々な書き方ができます。例えば、


「昨日は、風が強くて、外で遊べなかった」なら、

It was so windy yesterday that I couldn't play outside.
Strong wind didn't allow me to play outside yesterday.
I wanted to play outside but I couldn't because the wind was so strong.
The wind yesterday was too strong to play outside.
I was scared to play outside because the wind was strong yesterday.
Windy days are not best playing outside, so I stayed inside yesterday.
Strong wind made me stay inside yesterday.
I have to stay inside because the wind was so strong.
When the wind is too strong, it's not fun to play outside, so I stayed inside yesterday.
Yesterday was extremely windy that I stayed inside.
Playing outside is good only when the wind is calm, so I stayed inside.
Strong wind kept me staying inside yesterday.

などなどなど。。。
いくらでも書きようはあると思うんです。
(上の英文は、だだーっと例を出してみただけですので、
これで勉強しようなどとは、思わないでくださいよ!)

なのに、そうなのに、
too to so thatが必ず一番に頭に浮かんでくる。
そういうことはないですか?
同様のことが、いろんな言い回しにも当てはまります。
結果どうなるか。

日本人の出してくる英語は、誰彼みんな、似たりよったり。
「金太郎飴」というわけです。

(そしてその飴がおいしければいいのでしょうが、
英語話者にとっては、得体のしれない味、ということも実は多いのかもしれません。
それは、プロとして英語を使っている人の文章にも当てはまるような気がするのです
予備校で英作文指導をしている先生の文章は、
本当に使い物になるのだろうかとよく疑問に思います。)

(Writer: MrsMalone)
 にほんブログ村 英語ブログへ  

8 comments:

  1. がはは。どうして小さいフォントで書くの?なに遠慮してるの?らしくないなあ~。

    ReplyDelete
  2. I don't know any more which of my words sound harsh or offending and which not...
    You wanna know why I made the last part so small? Well, I suspect you might have used the same technique as I did in your classrooms. When students are noisy, you naturally tend to speak louder, right? But it often doesn't work. Then what experienced teachers does is total opposite, they speak with a very small voice, then what?!, students begin to pay attention to the teachers. This is what I applied in here hahahaha
    There is no limit for my wickedness, I'm afraid...

    BTW, when I wrote "yobikou," I came up with some another dark thought..., wanna make a post about THAT hilarious video I once wrote in my blog. Do you remember? That's the one some famous Yobikou teacher is lecturing how to learn English and then at some point he said "say say say!" to the audiences where "say" is totally off. HA!
    It's one of the most apparent and mind-blowing examples of how rotten Japanese English education business can be, but I don't know it's good to upload here... Too lame and absurd, I think...

    ReplyDelete
  3. Yeah, I'm still obsessed with Japanese School English. They are like zonbees. Seems like you never can get rid of it, if you have been very good at School English....

    ReplyDelete
  4. 初めまして。たかぽんと申します。
    こういう書き換えって、おもしろいですよね。

    ReplyDelete
  5. こんにちは。

    コメントを頂いて気づいたことがありました。
    この投稿をだけを読むと、いろんな書き換えができるといいように読めますね。
    私としてしては、目的があって、いろんな言い回しを考えて楽しむのはいいと思いますが、
    目的もなしにやるのは、よくないと思っているのです。

    やはり目的ということに帰結するようです。

    ReplyDelete
  6. たしかに、目的や文脈に応じて書き換えられるといいですよね。

    ReplyDelete
  7. 知らなかったのですが、Jane Eyre の書き出しが、雨→外に出られない という文なんですね。

    "There was no possibility of taking a walk that day. We had been wandering, indeed, in the leafless shrubbery an hour in the morning; but since dinner (Mrs Reed, when there was no company, dined early) the cold winter wind had brought with it clouds so sombre, and a rain so penetrating, that further outdoor exercise was now out of the question."

    波瀾の物語を予感させる、うまい「つかみ」ですよね。

    ReplyDelete
    Replies
    1. ご紹介ありがとうございました。
      私は現代英語中心に楽しんでおります。

      Delete