TAB 多読 -tadoku and beyond!-  

いっぱい読んでたっぷり聞けば、英語はかって出てきます!

  

2012/05/31

英語使いたかったら perfectionism とお別れしましょう!

ツイッター発言にあったものです。


”●●先生に限らず、英語が達者な日本人で、英語の表現のここがこうである、と文句を言われる方がしばしばいらっしゃいます。正しい、正しくないという規範意識が高すぎるように思います。英語の表現は、もっと自由で、nativeたちはその自由度の中で踊っているのではないでしょうか。
(茂木健一さんのツイート)


常々、先生方、特に高校、の中に入ると私も同じ感想を持ちます。
どうしてそう難しい顔して授業するのかなあ~
もう少し適当でよくない?って。


英語が使えるようになりたかったら、
The more you make mistakes, the bigger the chances are that you learn English.
かなと思うのですが、間違いをたくさんするのって日本人には特に難しいらしい。
"Perfectionism"の縛りが強いから。


でもね、人間いつも完璧ではいられません。
それって年を重ねないとわからない事かな。
間違いを恐れてばかりいて、どうして英語ができるようになるでしょうか。




そもそもです、社会人になった段階で「正確さ」がいつも必要とされるような場面で、
英語を使う人が、どれぐらいいるというのでしょう?
通訳、翻訳、法律文書、フォーマルなビジネスの場、・・・
その程度ですよね?
こういう分野は「英語のプロ」にお任せすれば済むことですよね。
教室にくる生徒たちの、いったい何割がプロになるというのでしょう?!


英語の先生には、常日頃から英語を使っている人が超少ないから、
どこまでの正確さが必要なのかということが、感覚的にわかっていない。
だからどうしてもperfectionismの罠につかまってしまう。
生徒にもperfectionismの縛りを植えつけてしまう。




日本の英語教育は、ある意味卓越していると思うんです。
でも、これからは
「適当さ」を加味して、pleasure readingな「多読」も並行してやる、
じゃないでしょうか。
(あ、受験ですか?受験は塾、予備校にまかせましょうよ?!)

(Writer:MrsMalone)
 にほんブログ村 英語ブログへ 

18 comments:

  1. Replies
    1. コメントありがとうございました。

      Delete
  2. 勉強では培(つちか)えないものが
    ことばには必要だと、先生たちが
    考える余裕があるといいんですが。

    経験で言うと、
    初めて英語人と話したとき、
    話す内容は考える、うろ覚えの文法知識が
    頭のなかを飛び回る…疲労困憊しました。
    ともかく通じるように、話しの内容を考える、
    それ第一に…と思い定めるまである程度
    日時がかかりました。

    ReplyDelete
    Replies
    1. 時々、誤解されることがありますが、
      なにも、文法知識がいらない、としているわけではないのです。
      お互いが、文法というお約束事をある程度知っておかないと、
      わかりあえるわけがないのですから。

      ただ今の現状は、
      学校英語でいえば、受験がまず頭にあるために、
      発信の機会は極端に少なく、知識として学ぶことばかりになっている。
      両者の差があまり大きい。

      そして知識偏重であるが故に、いざコミュニケーションとなっても、
      「文法的に正しく」が「通じること」よりも先にきてしまう、
      そういうことが、大人の場合には起こりがちなのではないかと思っています。

      ここを変えるには、先生自身が普段から英語を使ってみればいい。
      ですが、これが難しいようです。

      Delete
  3. Hi!I was so disappointed that I couldn't go to see you last month. If you have a similar gathering, would you let me know?

    I have been confronting with gigantic brick wall of EDUCATION with my cheeky daughter right now:-) What a ride to share!

    I think you are absolutely right about test-driven approach of Japanese Education where forms are the only concern.

    Hope to see you and hear you soon :-)
    Cheers
    Chico

    ReplyDelete
    Replies
    1. みなさん、おはようございます。

      文法についてはいろいろなご意見があると思いますが、
      私は一番極端(なのかな?)で、文法学習はとくに初期の段階では
      有害ではないのかと思っています。

      ある児童英語の先生が言っていましたが、「なにがどうしたの?」
      くらいで十分と…。

      たった一人ですが、文法や和訳をまったくやらずに百万語を
      読み、児童書大好きの現中学生を見ていますが、普通の英語が
      できる子のレベルを超えています。ことによると、学校英語を
      経た私たちも超えている…?
      文法学習なしの可能性を感じるのです。

      ことばはりくつっぽく考えたら自然にはならないのでは
      ないでしょうか。帰国子女(これは十人以上見ていますが)
      も本をりくつっぽく読んでいるとは見えません。

      私たちの読書はじめもけっして意識的に文法を習った後に
      読めるようになったわけではないでしょう。

      この点は、理論と実践の差を感じます。私は、自分は文法
      学習なしでは育たなかったけれど、どうも文法学習が必要
      というのは、ことによると間違いではないのかと思って
      いるのです。

      まとまりませんが…。

      Delete
    2. Hi chico-san, it's nice to see you here in the blog. We were all sorry that you couldn't make it to the last meet-up. I do hope we'll get together some time before long and have a blazing talk haha. I kind of began some new challenge, so I got many to talk with you.
      I know I know, something is seriously wrong with schools in Japan, especially in Tokyo, I guess. It's true that there're some reliable and prominent schools and teachers, but also your children have to tackled with not a few wacky, tacky ........ I'm afraid.
      Hope your daughter would find something fulfilling to do at school.

      Delete
    3. 文法学習は初期段階にはいらないです。Periodです。
      でも、多読とか別のやり方ではいった生徒を直に見ない限り、
      納得するのは難しいでしょうね。

      いつも思うのが、
      税金を使って、くだらない教科書をつくる暇があれば、
      ORTのような本をガンガン作ればいいのですよ。
      そうしたら、多くの日本人は、必要に応じた英語が使えるようになるんですよ。
      本当に、どうして誰もそういうことをしないのだろう。

      Delete
  4. 学校文法的に「正しく」ても、英語としては「変な感じ」ってことはよくあるのでは?今日、とある英語の先生が、「文法を教えないと読めない文もあるのでは?」といっていたので、「たとえば?」と聞くと、「It is 形容詞 to do ...という構文ではitがto 不定詞を指すってこと。」と言っていました。私は「そんなことはない。そんなことは教えなくても絶対にわかります。そういう考え方こそ変えなきゃいけないと思う。申し訳ないけど、あなたの英語を聞くと、頭の中で日本語を英語の構文にあてはめようとがんばっているのがわかる。だから、fluentに話せない。fluentに話せるためには、文法とか構文を知らないと理解できない、という発想をまず消すべきだ。」と言っておきましたが。なかなかわかってもらえないかなー、と思います。(なお、この会話ですが、研修会だったのですべて英語でやりました。)

    ReplyDelete
    Replies
    1. It is 形容詞。。。うんぬんを教えないと意味が取れないと考える先生は、おそらく、文章の前から意味をとっていくというあたりまえのことが、自分でできていない。常に文の構造を考えながら、どれが主語でどれが動詞という具合に、頭フル回転で英語と格闘しているんじゃないでしょうか?

      BTW
      ほか人の英語力がどの程度のものなのかは、英語を話していてもわかりますね。
      頭の中の知識総動員で英語を話す人は、パーフェクトな英語だけど、長く話をしていると疲れていきます。
      私は適当な英語しか話せないけど、話せば話すほどのってきます。
      この違いは大きいのかも。

      Delete
    2. やはりね、足りないんです。特に「読む量」が。毎日日常生活の一環として英語でReadingしてないんです。私は教員になって2年目に隣にいる世界史の先生に「お前英語の教員のくせに英語の本読んでるとこ見たことない。そんなんでよく生徒教えてるな、恥ずかしいぞ。」と言われたトラウマがあるので、なんとかここまで来ましたが、そういう経験がなければ教科書と問題集と受験問題でしか英語を見ないんですよ。

      変な研修するんだったら、1か月うちの学校の図書館に来て朝から晩まで英語の本読むってやればいい。こんな安上がりで効果的な研修ないんだけどなぁ。って自分で企画すりゃいいのか。さっそくやってみよ。

      Delete
    3. その研修、公開研修にしてもらえませんかね?!
      是非とも参加させていただきたいです。

      Delete
  5. 補足。自分の受験生としての経験、および、受験生を教えてきた経験からすると、大学受験においても、「perfectionism」は邪魔すると思います。perfectionismにとらわれた受験生や先生は、たとえばセンター試験だったら、発音や文法問題を完璧にしようというところからはじめる。でも、長文問題のが配点高いので、長文を8割がた「読め」れば結構な点数がとれる。偏差値の高い大学の問題なんてperfectに解答するなんて無理。perfectionismから逃れると、何がほんとうに大事か見えてくるのでは、と思います。自分の周りの教師を観察すると、perfectionismを要求する人って、自分自身はfar from it なんっすけどねぇ。

    ReplyDelete
  6. 共通一次の発音問題といえば。。。
    あれを出題する意義はどこにあのる?
    あれを正解することと、通じる発音ができるの間には、なんの関連もないと思うのだが。。。
    日本の英語教育には、奇怪なことがあふれている~

    ReplyDelete
    Replies
    1. ははははは、ですね。世界どこ探してもあんな問題はない。でもね、あれって悪質な法律違反なんですよ。問題文に「強く読む音節が同じものを」とかあるでしょ。でもね、学習指導要領のどこにも「英語の音節の仕組みを教える」なんて書いてない(と思う)。完全にアウトです。第一、英語の音節区分なんて、二重母音やらなんやらあって、English Phonemicsやらんとわからないですよ。大学でも英語専攻でないとやらない。そんなのを入試問題にしてるってさ。ほんと、英語の世界は「専門家」がいねーな、と思うのです。

      Delete
  7. 「正しい、正しくないという規範意識」
    という言葉から考えるに、
    茂木さんが批判しておられるのは、
    perfectionism というよりも、
    prescriptivism なんじゃないかと
    思いました。

    根強い prescriptivism については、
    A Student's Introduction to English Grammar
    という本が参考になりました。

     「~してもよい」の場合は can でなく may を使えだの
     Everyone has told me they think I made the right decision. は間違いだの
     She's a year younger than me. は間違いだの
     前置詞が文末に来てはいけないだの
     受身形は避けたほうがよいだの

    といった prescriptivism の数々に、
    痛快なツッコミを入れておられます。

    ReplyDelete
  8. perfectionismとprescriptivism。
    (話題とは関係ないですが、こんなに長い単語を続けてタイピングしたのは初めてで、
    さらに何と読むかなあと音にしては、舌が右往左往しました。
    自分には縁のない単語というわけです。)

    完璧にしようと思ったら、人と違ったことをしていては叩かれる、
    他の人に合わせておいたほうが無難となる、そういう関係でしょうか。
    本の紹介ありがとうございました。

    ReplyDelete
  9. prescriptivism は、タイプ間違えそうになりますね。。
    prescriptive と思ってから、-ism を付けています。

    David Crystal先生の講義で知った言葉なのですが、
    (http://dandelion3939.blog38.fc2.com/blog-entry-1201.html)
    先生も、prescriptiv-ism って感じで発音しておられました。

    prescriptive grammar (規範文法)
    descriptive grammar (記述文法)

    prescribe は、「pre(前もって)scribe(書く)→命令する」
    という語源のようで、
    お医者さんの処方という意味で使われることが多いですね。
    Valium is usually prescribed to treat anxiety.
    (OALDより。最近見た"Midnight in Paris"という映画で
     まさにそういう状況が出て来ました。余談でした。)

    ReplyDelete