TAB 多読 -tadoku and beyond!-  

いっぱい読んでたっぷり聞けば、英語はかって出てきます!

  

2012/05/13

どっちも読んでね


ひとつ前のTSJさんの記事、日本語で読みました?英語で?
記事の内容も面白い(というか、過激?)ですが、両方読まれるとさらに面白いのではと思います。実は、私は先に日本語だけを読みました。
しばらくしてから、何気なく英語を読んで、まさにこれは「一粒で二度おいしい」体験でした。

日英、TSJさんの言わんとすることは同じなのですが、全然違うことが書かれています。
これまでの日英両方で書かれていた記事でも実はそういう部分があったのですが、これほど違うのは初めてでしょう。

どうも私たちは、日本語で書くときは自然に「日本人向け」の書き方に。
英語で書くときは「英語が母語の人たち、あるいは日本語よりも英語が得意な人たち向け」のつもりで書くようです。

このブログを始めたばかりの頃は、日英どちらかで最初書き、もう一方へ自分で訳したものも載せる、という風にした書き手が多かったと思います。
しかし、そうすると、なんだかしっくりこない、とそれぞれが感じ始めました。別々に書く方がずっと楽に書けるのです。

私たちはいわゆるバイリンガルではありません。全然違います。
文法ミスも、たくさんあるでしょう。でも、たくさん書いてきて、自分なりに英語を書くスタイルができているようです。
それで、このような書き方に落ち着いてきました。

というわけで、日英両方で書いてある記事は、是非両方読んでみて下さい。
(Writer: Mamazon)
 にほんブログ村 英語ブログへ 

No comments:

Post a Comment