TAB 多読 -tadoku and beyond!-  

いっぱい読んでたっぷり聞けば、英語はかって出てきます!

  

2012/05/09

たくさんって、どんな、たくさん?

tadoku, 多読、たくさん読む、たくさん、たくさんたくさん。。。
へんしんトンネル (新しいえほん)いきなり、へんしんトンネルしちゃった^^;
(このシリーズは読み聞かせの定番っす。)

で、たくさんですよ。
みなさんが多読で考えるたくさんって、どれぐらいですか?
英語教育業界では、3万語、6万語、10万語、30万語、
100万語、300万語と数字で区切って、
これぐらい読めば○○ができるようになる、とか言われているようですが、
実際のところはどうなんですかね?

社会人の方でも、こういう数字を参考に多読している人も多いかと思います。
ですが、社会人の場合、数字を気にするのは、どうなんだろう?
数字って一番信用がおけるようで、実は一番あてにならない、
というのが、長く多読を続けていて感じることです。

pleasure readingといっても、どこかで英語力がつけばって願ってますよね。
10万語、100万語、1000万語と数字が大きくなれば、
それに比例して、英語力も伸びていくに違いないって期待しません?
ところがです、私の英語力の伸びの「実感」は、
100、10、1。。。と、小さくなる一方だったんですよね。

(ちなみに最初の100の実感はというと、
洋書コーナーで本を探すときに、首を曲げずにタイトルを見ている自分がいて、
小躍りしたのです。わかるかな?)

そうしてようやっと、年数で10年、語数で1000万語~、
海外のネット友は両手両足を超えた、
英語でブログも断続的に数年続けた、
海外の人と趣味のコミュニティーやプロジェクトも続けた、
と、いろんないろんな、たくさんたくさんを経て、
つい最近1000!な飛躍を感じることができました。

語数を伸ばすだけのたくさんと、
頭も心も手も体も動かすたくさんは、だいぶ違うのかなと思うのです。
(Writer:MrsMalone)
  にほんブログ村 英語ブログ 英語リーディングへ

3 comments:

  1. Hi, Mrs Malone!
    I'd like to ask you to write about 'たくさん書く.' And give us the list of good books about writing from your library!

    ReplyDelete
  2. Yeah, I've been pondering for quite a while that it'd be a great help for those who're seeking for a break through for their writing English. But book recommendation can't be done over night^^;;; I've got several book I wanna recommend and each of them comes with countless number of insightful messages that inspired me boundlessly, so quoting a fragment of them might requires me several blog posts. haha
    Anyway, what I'm reading now is "The fight for English" by David Crystal and it was again a biiig hit! After reading it, I came to realize that I'm getting a stickler without realizing it and tend to give judgmental eyes to both my and other's English writing. The book also soothed me in another way: my worries about pronunciation. I was so much agonized over my poor pronunciation about a year ago, but now I'm almost free from that meaningless and unnecessary worries.
    I think learning English can be really harsh and agonizing if you're surrounded by those the kind of people who believe that correctness should come first and think nothing's wrong with being correct and perfect. I rather need people who have generous mind always with me^^

    ReplyDelete
  3. Ooooh, finally, you are considering to answer my plea?
    It's okay, write as much as you want, and those who are interested in your posts will read them. You can write about one book for one post. Go ahead!

    I'm curious about your pronunciation agony, too, and how you overcame, or are now overcoming it. Sometimes we are too concerned about our English pronunciation.

    See? I'm giving you a lot of topics to write about. That's what friends are for. Ha ha ha.

    ReplyDelete