TAB 多読 -tadoku and beyond!-  

いっぱい読んでたっぷり聞けば、英語はかって出てきます!

  

2012/04/21

レベルに潜む罠

出版社が決めているレベルやYL(読みやすさレベル)を参考に,
多読をすすめている人は多いかと思います。
安心ですよね、こういう指標があると。
「はい、その通り!」
・・・・・

えーっと、すごく辛口かもしれませんが。
ごく初期にレベルを使うのはいいとして、
そのあともレベルに従って多読をすすめている人は、
ちょっと立ち止まって、考えてみるといいかもしれません。

そもそもレベルってどうしてできたんでしょう?
何のためにあるんでしょう?

私の考えでは、多読が広まりだしたころは、まだ本の入手が今ほど楽ではなかった。
だから、到底読めないような本ばかり買ってしまって、
無駄が続くということのないように、親切心からYLは生まれた。
そして、多くの方の協力でYLが充実してきた。

と、いつの間にか、当初レベルが担っていた役割が忘れられ、
そして、
「レベルの先にはPB」みたいな「幻の階段」を皆が見るようになってしまった。
そんなことはないでしょうか?
・・・・・

レベルの罠なんて、またcatchyなタイトルをつけてしまいましたが、
その「罠」って、何だと思いますか?

それは「英語は100%理解できるもの」という「和訳理解」同様の、
英語をやっていくうえで、一番やっかいな癖がつくかもしれないことです。

英語の先生って、きっと言わない、言えないんだと思うんですけど、
英語で何かするって、常に「約70%理解」で満足することだと思うんです。
本を読んでも、朗読聞いても、ドラマや映画見ても、ネイティブと話しても、
70%も理解できたらいいほうでしょう。
いつも濃淡ある霧のなかを歩んでいくようなものかもしれない。

英語には「勘」「五感」「類推力」そんなものをフル活用する必要がある。
でも、順番にレベルを上がっていく多読って、そうした力を伸ばしてくれるんでしょうか?
「レベル順」は、和訳した時と同じぐらいの「わかる」感を与えてくれるが故に、
本物の英語の海には、飛び込みにくい状態を作り出している、
そんなことはないでしょうか?


私が初めてPBを読んだのは、はーるか昔。
GRなんて知らなかった。PBを読む前にGRを読むなんてことしなかった。
でも、読めた。
「読みたい」という情熱があったから。

GRの階段を上るとPBが読めるようになるのか、それとも、
どうしても読んでみたいPBが目の前にあるから読めるようになるのか。

PBを「夢見て」GRを読み進める人と、かつて私が抱いた「情熱」。
何か根本から違う、そんな気がしています。


 (Writer: MrsMalone)
  にほんブログ村 英語ブログへ  

20 comments:

  1. 情熱でPBを読めるかどうかは別としまして、SSSのYL(読みやすさレベル)は、レベル3以降は、かなり実際の実感と違っていますね。
    ただ、YLのあり方については、この記事を読む限り、「誤解」をされているように、思えます。

    『到底読めないような本ばかり買ってしまって、無駄が続くということのないように、親切心からYLは生まれた。そして、多くの方の協力でYLが充実してきた。』

    これは、違っている、と思います。
    また、「多読」というものを、どうも「つかんでいない」で書かれているのではないか、そう感じますが。
    無駄が続くのを避けるためのYLではないと思います。

    多読を遂行する方の目安として、YLを作られたことは確かですが、最初から、多読で読むやさしい本を一冊、一冊、比較検討して、まず「骨格のYL」が作られたはずです。
    すごく遠回りしないですむ筋道は通されたと思いますが、「無駄を云々」というのとは、ニュアンスが違うと思います。それと、多くの方の協力と言われましたが、相当のYLは、最初の3人ぐらいで全部作ったはずです。

    当方は、GR偏重には反対で、もっと自由に児童書などを読んだほうがよいと考えていますが、しかし、「多読」に反対ではありません。
    「情熱でPBを読んだ」、という方は、多読の基本思想とは「正反対」の方としか思えないのですが。






    もともと、300語~500語ぐらいの物語に、2.6 とか1.8とかをつけるのが、厳密に言えば、どうかとは思うのですが。had been が一箇所あるかないかで、+-0.5 なんてどうかしてますね。

    ReplyDelete
  2. 足立SUNNYさん、初めまして。

    Memberの一人のAprilと申します。

    MsMaloneさんが協力者の一人としてYLを作られた頃は、あまり難しいところから
    飛び込んでしまってつらくならないように。。。という意図で作られたYLのようなのですが、最近は本当に細かすぎますよね。

    ”had been が一箇所あるかないかで、+-0.5 なんてどうかしてますね。”ほんとうにそのとおりだと思います。


    ”多読”ということに関しては、もちろん多読三原則を主体にした道があり、多くの方がそれで多読を楽しんで、力もつけていられると思います。



    こちらのブログでは、確かにその道からは少し外れてしまうようですが、”もう一歩、もっと自由に進んでも行けるんだよ”という気持ちで集まったメンバーが作っています。一般に知られている"多読”とは、仰るとおり、もしかしたら違うかもしれません。


    それでも、”英語を楽しんでいこう”と言う基本的な所だけは変わらないメッセージを送っていこうと思っています。

    まだまだ説明しきれていなくて、”???”の部分が多いとは思いますが、
    これから発信していく情報の中で、少しづつ説明させていただけたらなと思っています。

    ReplyDelete
  3. Kippaです。Aprilさん、はじめまして。

    これまで、YLは、まさに言葉通り、「読みやすさレベル」として捉えてました。
    しかし、たしかに、無駄買いを食い止める一助になってくれますよね。
    なるほどー、と私は思いました。

    とはいうものの。
    わたしなどは、YLをいちいち調べるのが面倒なため、結局、手にとって見れないものは、人々のレビューを当てにして買う始末…トホホです。相変わらず、本を買うときは、トライアンドエラーですから。


    YLはですね、自分に自信をつけるための指標になってます。
    読み終わった本のYLを確認するのは、けっこう楽しいです。
    self-confidence, self-esteem に相当寄与してくれていると思います。

    生きて行く上で、self-confidence, self-esteem は大事ですもの!
    (どこかの記事に書いてましたよね?)

    ReplyDelete
  4. 「YL参考にはなるが、囚われてしまってはいけない」

    と、子どもたちを見ていると私は思います。

    何でもそうですが、数値化されると、それがとても信頼度の
    高いもののように見えてしまうことがあります。

    YLというのは「平均」に近い考え方だと思うのですが、例えば、

    100点満点の生徒と0点の生徒の2人がいた場合、この2人の
    生徒の平均点は50点ですが、では本当にこういう捉え方が
    正しいのか、という話です。

    そもそも「読みやすさ」という言葉自体が、皆さん仰るように
    極めて「ファジーで主観的」なものですよね^^

    私が教えている対象は中学生がメインなのですが、割と難しい
    はずのEnormous Crocodile(Roald Dahl)、これだけはCDがあるから、
    あるいは絵が多いから、というのもあるのかもしれませんが、
    子どもたちは結構早い時期に読めてしまうのです。

    恐らくストーリーの面白さや絵が子どもたちの創造力をかきたて、
    言葉の壁を下げているのだと思います。

    ここが私はとても大事だと思うのです。

    「好み、好奇心、楽しさ、ストーリー、絵、音―こういうものが
    子どもたちの創造力を刺激した時、少々難しい本だって読めちゃう。」

    一方、先日のblogでも少し触れましたが、Elephant&Piggie
    シリーズは、YLは1.0に満たないものが多いですが、
    あれを読んで“ストン!”と腑に落ちる感覚を得られるか、
    面白い!と思えるかはやはり別問題。あんなに人気のシリーズ
    なのに、YLが例え低くても、やはり読まない生徒は読みません^^;


    要するにYLは、本を読み進めていく順序の絶対的な基準では
    もちろんないし、まして本人が楽しめるか、満足できるか、
    とという指標ではない、ということだと思うのです。


    きっと多読をご自身でされている方は痛いほど経験されている
    ことだと思います^^


    YLの捉え方について、最も危険だな、という方がいるとすれば
    それは、

    「自分で多読をしないのに、子どもたちに多読を導入しようと
    している指導者(先生・講師)にあたる方」

    だと思います。

    実際この考え方にかなり近いんだろうな…という高校があります。

    レベルの高いGRを副教材としてばら撒いているのですが、
    子どもを見ていると、拷問のようにしか見えない時があります。
    でも埼玉県でもトップ3に入るような学校ですので、みなさん
    それなりに読めちゃうんでしょうね。

    あるいは子どもが英語を楽しみで読むことができるんだ、という
    世界を知らないがゆえに、それが当たり前になってしまっている
    とも言えそうです。

    和書にYLはありません。読書って何のため?

    そう問いかけると、YLの意味も見えてくるかもしれません。

    ReplyDelete
    Replies
    1. ×創造力→○想像力 かな?創造でもいいかな?

      大変失礼をば。

      Delete
    2. このブログの内容、刺激的で、ついついコメント書きたくなっちゃいますね。Kippaです。

      non-tadkistです。

      実は、私、このごろ、とても迷っていることがあるんです。

      「自分で多読をしないのに、子どもたちに多読を導入しようとしている指導者(先生・講師)にあたる方」

      私もそう思うんですよ、もちろん。
      だって、多読してる生徒に、次はこんな本はどうかな?って
      示してあげるには、自分が読んでないと示せないじゃないですか?

      けど、このごろ、はたして本当にそうなのか???
      という想いも首をもたげてきたんですよね。

      というのも、わたしなどは、まさに、多読する時間がない、と言って多読していないんですよ。
      すわ、これはさすがにまずい、読んでおかなくっちゃ、ってときにだけ、つまみ食いのように読むだけで。
      もしくは、絵本だけ読んでるから、いっこうにあるレベルから抜け出せてない感じもするし。

      それよりも、ここだけの話、夜中は、録画した韓国ドラマばかりを見てるんですよ、このごろ。
      その時間をつかって多読したら、どんなにかたくさんの本を読めるようになるだろう、って思うのですが。

      多読する人=タドキスト=PBをすらすら読める

      だと、わたし、完全に外れてます。

      でも、私なりに、多読の良さは理解しているつもりだし、
      GRは苦手で、
      やっぱり読むんだったら、
      Native向けのほうが読みやすい、って感覚はある。

      ダールという作家の本を一つくらい読んでおかないと、
      タドキストたちとの話についていけなさそうだから、
      Matildaを先日やっと読みました。
      Wizard Of Ozを読んでいたら、どうも自分としっくりこなくて、
      なかなか進まなかったりもしました。
      Winnie the Poohやムーミンなどは、
      いつか読んでみたいけど、まだまだチャレンジする気になれないし。

      でも、生徒たちは、ある意味、勝手に、自分の楽しみ方を見つけてて、
      楽しくORT読んでるし、CDなしで読めるようになった子はまだ2名だけですけど、Piggie and Elephantがストンと府に落ちている様子です。げらげら笑いながら読んでます。読み聞かせだと、生徒たちは間違いなく笑ってくれます。

      そこで思うのが、
      多読がガンガン進んでいる子には、タドキストが本を示してあげることが必要だと思うんですけど、多読初心者には、指導者がタドキストである必要はないんじゃないか、と。

      このごろ、そういう風に思うんです。

      ORTやLLL、難しい本も読もうと思えば読める人で、
      本を楽しむ能力が備わっていれば、
      指導は始められるんじゃないか、と。
      ま、それだけじゃ、何か足りない気もする。
      きっと、他にも何かしらの条件が必要だとは思うんだけど、
      とにかく、「指導者がタドキストでないといけない」という考え方は
      必ずしもそうじゃないんじゃないか、と、感じる今日この頃です。

      生徒とともに本を読んでいくのもアリなのではないか、と。

      (私のExcuseなだけかも、という不安もあるので、
      これまでに発信したことないかもしれない。
      ここで初めて発表してるかもしれない。)


      でもね、もちろん、タドキストへの憧れはあるんですよ、私の中に。
      だから、

      「いつか、仲間いりするぞー!」

      と言って、今、2年目くらいです(^^ゞ

      生徒は、小学校低学年だし、ゆっくりだから、
      こんな感じでいいだけなのかもしれないですね。
      この4月から中学生を教えているので、
      これから”カベ”にぶつかると思います。
      そうしたら、きっと、また、考え方が変わると思います。

      皆さんのようなベテランではないKippaからのコメントでした!

      Delete
    3. Kippaさん、こんにちは!

      多読する人=タドキスト=PBをすらすら読む人
      う~ん、そういう人も入っているだろうけど、それだけではない、と思います。私は、「多読を楽しんでいる人」、という風に思っています(あくまでも個人的な思いです)。
      PBをがんがん読んでいる人もいるだろうし、絵本が好きで絵本ばかり読んでいる人もいるでしょう。

      多読指導者、支援者に何か定義があるかどうかはわかりませんが、まあここで書いている5人は、

      自分で多読にはまり、
      生徒、学生の好みに寄り添って本を選びたいと願い、
      それがうまくいったときは小躍りしてしまうようなところがある、というのが共通項ではないかと思います。

      さらに、もう一歩踏み出すとすごい世界が待ってるぞ、とドキドキしている、というところも。

      多読を指導する立場の方達も、楽しい多読の世界をおおいに味わっていただきたいと願っているわけです。

      Kippaさんはすでに楽しんでいらっしゃるのでは??

      Delete
    4. Mamazonさん、温かいリプライをありがとうございます。

      はい、楽しんでます(*^_^*)

      Mamazonさんのコメントを読んで、
      自分の切なる内側の声が聞こえてきました。

      「だれか、私の「好みに寄り添って本を選」んでくださらないかしら??」

      「だれか、わたしをPBの世界に引き上げて!!」


      PBをすらすら読む人=タドキスト
      というのは、
      私の”憧れ”の姿なのですね、きっと。

      私の知らない世界を知りたいです。
      どうか、お導きを!!

      Delete
    5. Kippaさんは、PBについては、まだ自分の好みの作家に出会ってらっし
      ゃらないだけのような気がします。

      ムーミンは、もともとフィンランドの作家だし、とてもシュールですよね。Winnie the Poohも、私の感覚で言うと「シーンとした」文章のような気がします。だから、それほど好みではないのでは?

      私自身は、「多読ガイド」(でしたっけ?)も参考にしましたが、本の好みが自分と合いそうな方のブログを読んで、おもしろそう、と思ったPBを読んだりしてきました。そのほうがハズレが少ないです。

      韓国ドラマがお好きなら(私も好きです)、ロマンチックなDebbie Macomberの作品や、ロマンチックコメディーSophie Kinsellaの作品はどうでしょう?

      好みの作品がみつかりますように。
      Happy Reading!

      Delete
    6. Kippaさんには余計なお世話かも、と思いつつ↑のコメントを書きました。おせっかいついでに、思い出したので。
      韓国ドラマがお好きなら、Nicholas Sparksはどうでしょうか?彼の作品を読むといつも「韓国ドラマみたい~。」と思ってしまいます。Walk to Rememberなんて、純愛でいいですよ。:)

      Delete
    7. ふふふ。ありがとうございます。買いまくりました。
      3名とも。

      PBを買うの、初めてです!!

      本当にありがとうございます。

      あとは、読む時間をどうにかねん出しなければ。

      Delete
  5. YL について失礼なお話を展開してしまい、申し訳ありません。
    実の所、当方は、YLなどあまり関係なしに、GRでない児童書を多く読んだもので、YLの親切さと細かさ&GRの存在が、現在は、多読のネック、になっていると思ってはいるのです。
    ある方がおっしゃられていたように、多読をされたことがない方、本を読まれない先生方は、絵本=多読、GR=多読、という感じで、児童書といえば有名になった結果自分も読んだことのあるHolesぐらいしか思いつかず、「多読=これとこれを読みなさい」、みたいになっておられる感があるのかもしれないですね。
    広大な児童書の世界、すばらしく生き生きとした本の世界が、その発想から完全に抜けてしまっている気がします。
    実際に本を見たことも読んだこともないので、その世界を、知らない、ということだとは思いますが。現実に、やさしい本を読んでない方には、実感は難しいのだとは思うのです。多読をされていないでTOEICを受けられている方などに、児童書の世界を説明しましても、全く興味を示されないですから。啓蒙部分というか実際の本も不足しているのか、とは思います。図書館にもどこにも、やさしい児童書が置いてありませんですから、ですね。
    ふたたび凡庸な単なる感想で申し訳ないのですが、YL論評の非礼は申し訳なく思っております。

    ReplyDelete
  6. >いつも濃淡ある霧のなかを歩んでいくようなものかもしれない。

    本当にね。英語圏に行くと、なんだかベールをかぶって歩いているような気がします。
    でも、その中で必要な情報をキャッチする勘を働かせる必要がありますよね。
    100%わからなくてもいい、そう感じているかどうかで、ずいぶん外国語への取り組み方は違ってくるのかも。

    ReplyDelete
  7. >Kippaさん

    はじめまして^^。Aprilです。

    Kippaさんのおっしゃること、すべてそのとおりだと思います!!

    なかなか本を読む時間がないというのは私も悩みのひとつです^^;)
    多読をお教室に導入し始めた頃は、私自身の多読はぜんぜん足りてませんでしたし!!

    でも、子供たちと一緒に、楽しめる本を追求してきたら
    いつのまにか楽しみも広がって、いっさい勉強などしていないのに
    着実に力もついてきたと思っています^^。
    (もちろんまだまだですけどね^^;)

    大事なのは、お勉強から抜け出して、楽しんでみようか!
    一緒に探してみない?っていう気持ちだと思いますよ~~~!本当に!
    (お前らやれ!!って言うだけの方は勘弁してほしいですからね^^;)

    そんなのんびりな支援者をさらに乗り越え、飛び越えて、
    自ら楽しみを見つけた子供たちには、支援する側なんてまったくかなわないような
    力をつけていってほしいな~~って思っています^^。

    ReplyDelete
  8. >足立sunnyさん


    お気遣いいただきましてありがとうございます^^。
    こちらこそ、皆様により真意が伝えられるよう頑張ってまいりますね^^。

    本当に、これだけ素晴らしい絵本、楽しい児童書があるのに
    学校では一冊も読まずにただ勉強と試験にあけくれてるなんて、こちら側から言わせてもらえばもったいないどころの騒ぎじゃないですよ!っって感じですよね。

    私も英検、TOEICにこだわる人に、これまで幾度
    ”そんなのよりこっちだよ~”とお誘いしながら、
    する~されてきたことか。。。
    悲しくなるほどです。

    それでもね、こうして声を上げてると、耳を傾けてくださる人も、少なからずいますよね。

    これからもめげずに、お互い、”楽しいんだよ~~!”と
    声を上げ続けましょう!

    宝の山が、もったいないですからね^^!

    ReplyDelete
  9. どうもです。

    「教育」の話になると、なぜかみんな「定義」したがるんですよね。YLとはなんぞや、多読とはなんぞや、教師はこうあるべきだ、タドキストとは何ぞや、などなど。

    そんなことから飛び出そう、ってのがわれわれの提案。

    私は野球やサッカーしたり、ギター弾いたりするのがすきなのですが、「野球の指導者とは」とか「野球の練習やりやすさレベル」とか言い出したら一気にやる気うせますよね。ギターもそう。弾きたいのを弾きたいし、まずは弾けるのを探して弾く。そんだけ。やりたいプレーをやる。そんだけ。

    なんで、それが外国語にあてはまらないのか、って疑問を出してるんですよ。

    趣味でギター弾いてる人を「ギタリスト」と呼べるのか?趣味で草野球やってる人を「野球選手」と呼べるのか、こどもの野球チームのお父さんコーチやってるおやじを「指導者」と呼べるのか。

    そんなんどーでもいいじゃん。

    「好き」ならいいんですよ。

    Kippaさんと同じで私もそんな読んでません。仕事して給料もらって多読授業してるんだから、読まなきゃいけないです。それはそう。だけども、「タドキストでない限り、人に多読をすすめるな!」ってことじゃないと思います。でも、指導したり支援するのに自分が「多読なんてする気がない。」って言っててはいけない。

    だいたいそんな感じですかね。

    ReplyDelete
  10. 長い本を読んでいると、
    理解度がどんどん上がって行くことってありませんか?
    気のせいかもしれませんが、
    最初は5割ぐらいでも、
    読んでいると少しずつ上がって行き、
    後半は9割以上になるんです。

    ReplyDelete
  11. すみません。
    リプライの機能をあまり理解していないまま、
    コメントを付けてしまった様です。

    私のコメントは、
    上の方にある MrsMalone さんの理解度に関する主張に対してです。

    ReplyDelete
  12. Ryotasanはじめまして^^。

    あります!!!特に、初めてその作家の本を読むときなんか、よく最初はちんぷんかんぷんだったります。たぶん、人によって文体や、単語ってある程度パターン、よく使われるものって言うのが違うから、それに慣れるまで大変なんだと思います。(まあ、も~~~のすごく読める人はそんなことないかもしれないですけど、私はしょっちゅうです^^;)

    それでも不思議、おもしろくてひきづられてるうちに、読みづらかったことなんて忘れてた!って時が良くあります^^。

    おもしろいもんですよね~~!

    ReplyDelete
    Replies
    1. Aprilさん、
      リプライありがとうございます。
      やはり私だけじゃないんですね。

      Delete