TAB 多読 -tadoku and beyond!-  

いっぱい読んでたっぷり聞けば、英語はかって出てきます!

  

2012/04/10

GRのはなし、ふたたび

このブログは5人のメンバーで運営していますが、
みな忙しい社会人。
どういう記事を書こうかと、相談し合って書いているわけではないのです。
それぞれの考える多読をそれぞれが話すことによって、
読者の方にも、自分なりの多読をしてもらいたい、という思いが大きいです。

ですから、他のメンバーの投稿を読んで、
自分とは違うスタンスだな、と感じることはもちろんあるわけですが、
GRについてはどういうわけか、みな意見が一致しています。

多読にGRがぜひとも必要とは思っていない。
面白ければ読む、つまらなければ読まない。それだけのことです。

ただ、GRは読まなくていいとまで言い切る投稿をのせたのには、
それなりの理由があるからなんです。
私は、次の理由からGRをすすめる際には、注意が必要だと考えています。


*GR英語に慣れると、フツ―の英語がよけい難しく感じられるのかもしれない
学校で多読授業をしていると、GR派な生徒と、絵本・児童書を好む生徒がでてきます。
GRを好むのは、お勉強好きな生徒が多いでしょうか。
GRを読むと、語数は伸びますよね。
でもGRから次に移れない、GRの世界に安住する生徒もいるようなんです。
これでは結局、学校英語、受験英語の世界から飛び出せないのと同じことですよね。

*セット売りのGRってどういうもの?
多読初期に、GRをセットで購入される方も多いかと思います。
でもこの”セット売り”というシステムは、いったい誰のだめにあるのでしょう?
読者のことを思って?
それとも出版社や仲介会社のため?
セット売りのGRで、面白い本は1,2冊ですよ。
あとは単品では売れない、まあまあ、な本です。
そんな、まあまあ、程度の本を多読の初期にたくさん読んでしまったら、
多読が軌道にのるはずないじゃありませんか?!
多読の面白さがわかるのには時間がかかります。
セット売り買って、実は遠回りになっているかもしれないのですよ。

*テキストが売れないからGRを売りたいのかな
ネットの広がりによって、例えば学習者同士が助け合ったりして、
語学学習は無料でできる時代になりました。
となると困るのは出版社。テキストが売れない。
じゃあというので、多読という流行に乗ってGRを売ろう!
という戦略があるのかもしれません。
次はExtensive Reading Foundationという団体が、
GRを出版している5つの出版社のsupportで作った冊子の文面なのですが、
"However, recent research shows that greater fluency gains come from reading graded readers than both graded readers and unsimplified texts."
(このrecent researchがどの研究であるのかの言及はありませんでした。)
この他にも、事実に基づいているとはいえない文面がいくつもありましたので、
興味ある方は冊子を読んでみてください。

これ以外にも理由はあるのですが、他の方からの意見を待つことにしたいと思います。

私が多読で大切にしているのは、
1冊でいいから、時を忘れ没頭して読みたくなる本に出会うことです。
その1冊をGRに求めるのは、難しいのかもしれません。
(Writer: MrsMalone)

にほんブログ村 英語ブログへ 

20 comments:

  1. こんにちは、オケラエスです。

    何年か前、多読教室をやっていたとき、
    酒井先生の講演を聞いて来られた、児童英語の
    先生がおられました。

    ICR(I Can Read)の本をしばらく読んでから
    青ざめた顔で
    知らない単語がたくさんあるんですが…、
    と泣きそうな顔でおっしゃったのです。

    GR の話題が続いていますが、
    日本の英語教育を受けると、
    いきなり児童書は
    遭難して何日も水も飲んでいない人に
    いきなりステーキを食わせるようなもので
    危険です!

    KUMON の英語の先生は、
    GR でどんどん読んでから
    どうしても Magic Tree House が
    読めない、わからないと、相談されたことも
    あります。

    いろいろな観点があると思いますが、
    日本の英語教育を受けただけの方、
    英検TOEIC高得点でも、英語での経験の
    少ない方には
    絵本も児童書も、挫折のもとかもしれません。

    その意味で、お好きならGRをどうぞ、
    というのもありかとも思います。

    ReplyDelete
  2. オケラエスさん、コメントありがとうございます。
    GRの記事には、たくさんの反響がありますね。
    ものすごく反感を買っているだろうことは、重々承知しています。

    しかしながらです。
    この春休みにも、GRの和訳宿題が出た高校はいくつもあったのです。
    学校現場では、多読そしてGRが一人歩きをして、
    とんでもない使われようをしているのです。
    そいうのを目の当たりにすると、誰かがガツンと言っておかないと、という気持ちになるのです。

    ・・・・・・・
    さて、私自身は、
    支援者がGRとはどういう性質のものであるかを知り、
    支援する相手のタイプをよく観察したうえでおすすめすることは、
    もちろんありだと思っています。
    GRとLR,絵本や児童書なども同時に紹介して、
    あとは自分で選んでくださいね、というすすめ方が多いですね。

    ご存じのように、私はキャラが強いほうかもしれないので、
    誰でも同じようにとはいかないのでしょうが、
    私が相手をしていて、”わからない”って相談されたことはないんですよね。
    それって、こういうことかなと思うんですが。。。

    水が半分入ったコップ例えで、
    半分しかない(._.)とがっくりくる人と、
    半分もある(^O^)と安心する人がいるように、
    同じものを見ても、その反応は様々ですよね。

    私は、英語って、そもそもわからないのが当たり前だと思っています。
    なので、
    わからないことがあっても、なんとも思いません。
    逆に、一つでもわかることがあれば、やったーわかったあ!となります。

    こうした支援者側の心持ち、
    大丈夫ですよ~私も全然わからないことありますから~という態度は、
    文字にはなりませんが、とても大切なのではないかと思っています。

    なんでしょうね、わかる、わからないって。
    そんなに気にしないといけないことなのかな。

    (どこまでも続きそうなので、今日はこのあたりで。)

    ReplyDelete
    Replies
    1. GRとその使われ方に沢山の問題があることは確かだし、
      その問題点を明らかにしていくべきだと私も思うので、
      もう少し質問させて下さい。

      このサイトの皆さんは、
      GRの英語と、
      前の方の記事で採り上げてらした "poor English" とを、
      どう位置づけてらっしゃるんですか?
      全く別の英語というお考えですか?

      Delete
    2. Ryotasanこんにちは。MrsMaloneです。
      GRの英語はインプットのことで、
      poor Englishはアウトプット側のことになるので、
      うまくつながってこないのですが、
      (あと、poor Englishとは具体的にどういうものかもわからないし、)

      日本語の場合で考えると、
      「ちょっと聞いて、ひさびさメーターのったら3キロ減だもんねー。」というのが、

      GRだと「聞いてください。久しぶりに体重計にのって体重を測ってみると、
      3キロ減量していました。」になって、

      私(英語がプロ級に使える必要はない)がそうありたいなと思っている"規格外野菜(poor)なEnglish”では
      「ね聞いて、昨日、やっと体重みて、3キロなくなってた。」

      という感じかなと思っていて、
      GRばかりの読書では、規格外は生まれないだろうなと思っています。
      説明になっているでしょうか。

      Delete
    3. 早速のお返事をありがとうございます。

      そうしますと、
      GRの英語と "poor English" とでは、
      別の方向を目指しているというお考えなんですね。

      Delete
    4. はい、私にとっては、全くの別物です。

      あと、私が目指しているのは、日本人としての英語ですが、
      それはpoorでなく "richな規格外” です。

      英語が母語ではない人が、英語を学び、それが母語や自国の文化とhybridし、生み出されるもの、そういうrich English、顔が見える英語を、私はアウトプットできるようになりたいと願っています。

      Delete
    5. なるほどー。
      GRの英語は貧しい英語だから自分は読みたくない、
      ていう考え方は理解できるんですよ。

      一方、
      3月25日の記事は poor English を推奨してらした様に読めたんですが、
      私の勘違いでしょうか?

      Delete
    6. Rotasan、こんにちは!
      poor Englishというのは、その学会の座長の方が使われたらしい言葉ですが、つまりは、fluentじゃなくてもいい、文法的に間違ってても気にせずに活発に論議しましょう、ということだと思うのですよ。

      ノンネイティブの人たちが、自分の思いをこめて話す、書く、そういう意味ではrichである、ということではないでしょうか。

      Delete
    7. 私からはGRについて付け加えさせてもらいますが、
      GRの英語が貧しいと思っているわけではありません。

      GR英語を他の物に例えるなら、
      化成肥料で育った野菜。
      栄養管理士さんによるカロリー、栄養バランスがそろった給食。
      そして、調整牛乳です。

      それに対して、一般の本は、
      有機肥料で育った野菜。
      お父さんやお母さんの手作り弁当。
      そして、ノンホモ牛乳です。

      どちらを選ぶのかは、その人次第ということです。

      Delete
    8. Ryotasan, MrsMaloneさん、こんにちは。

      私個人としては、面白かったGRもありましたが、
      GRはその作る姿勢に問題があるのかもしれません。

      つまり、易から難へという思想が、言語習得で本当なのだろうか?
      と疑問に思います。易から難へ思想は、理解できることを第一と
      するわけで、何を表現し伝えるかは第二となるわけです。
      しかし…

      と、Ryotasan, MrsMaloneさんには釈迦に説法ですので
      やめておきます。

      Delete
    9. Mamazonさん、
      表現として poor であっても、
      カラフルで、
      内容はしっかりしている英語ということでしょうか。

      具体例など挙げていただけると、
      助かります。

      Delete
    10. 具体例、と言われても、難しいですね・・・。

      あ、Lang-8というサイトはご存じですか?
      そこでは参加者が希望の言語で文章を書くと、ネイティブが添削してくれます。
      これは作文の練習問題をそのまま持ってきたのかな?と思うようなものもありますが、多くは自分の思いや日常を綴っています。それをごらんになるとわかっていただけるかもしれません。

      Delete
    11. Well, i don't think "poor" is the suitable word for what we want to say. And there is no definition or academic category for it. What we'd like to say is this. "Fluency over accuracy." "Better making grammatical errors than saying nothing." That's it. No more than that and no less than that. I have my students write in English for 2 minutes in each class, saying, "mistakes are ok, just write a lot!"
      Here is some of what my students wrote.

      ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
      I like sports most is baseball. Baseball is great. I like Giants. Sakamoto is play great baseball player. What do you like team?

      My favorit food is many anythings. I eat a egg every day. It's my favorit taste. I like egg.

      My favorite food is all food. I'll never don't like something. So I like all food. It is important for my self.

      My best friend Alice's hair is nice. She is very cute. I am prefer her hair still.

      My favorite musician is Greeen. They're music is more interesting because many kinds of music they're singing.

      My favorite food is curry. Curry is very oisii!! My mother make good. Curry is kind of full. I like Natto. Natto and curry is better much.
      ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

      I think they write very well. They're 2nd graders at high school, and i know most teachers would say "Terrible. They don't even know very basic grammar and spelling!"

      But, i think this is OK, rather, it's very good to be able to keep on writing "twitter" in English.

      Delete
    12. Mamazonさん

      Lang-8の存在は知っていましたが、
      わたしはネイティブの人に添削してもらうということに対して強い興味がないので、
      閲覧はしていませんでした。
      でも、
      逆の発想で添削前の英語を見ることもできるわけですね。

      TSJさん

      よく分かりました。
      生徒さんたちの作文の例は充分に実用的な英語になっていると思います。

      Delete
  3. コップの例えはその通りだと思います。どうやら外国語に関しては日本人は9割水が入っていても「満杯じゃない!」と心配になる傾向かな。

    学校は常に「満杯でなきゃダメ!」と教えるところ。

    だからこうなるのかな。

    で、ビジネスとしては「満杯じゃなきゃダメ!」と思わせないと金にならない。

    あとは、みなさんがどう感じるかでしょうね。

    ReplyDelete
    Replies
    1. TSJさん、
      このブログ、すごい。毎日、新しい視点が生み出される感じ。
      (自分でやっといて。。。)

      英語学習書には、あなたの英語はここが間違っているとか、通じない英語、とかよくあるけど、
      まさに「満杯じゃなきゃダメ!」という脅かしですね。
      つき合い方を間違うと痛い。

      Delete
  4. Mrs.Maloneさん、TSJさん、こんにちは。

    私の英語歴で、多読に出会う前の失敗はともかくこの「和訳」でした。
    なまじ日本語に自信があった(?)ものですから、和訳をパーフェクトにする
    ことにかなり力を注いでしまって、肝心の英語をみている時間は少ない
    という本末転倒が起こりました。英語の力がないのに訳させるのは、
    英語の先生共通のまちがいですね。

    先生が言うべきは、英語は外国語で習慣や考え方も同じかどうかわからない
    のだから、だいたいこんなことか、とわかればいいんだよと言うことでしょう。
    少しずつ精確になっていけばいいのさ、とね。

    ところで、私は現在の学校の先生にこう言っても(つまり、生徒に和訳させる
    な)無駄だろうと思います。なぜなら、先生たちの多くが、和訳つまり単語を
    日本語になおして、つなげて意味を取るということしかできないのだろうと
    ふんでいるからです。自分の殻に似せて穴を掘る…教師の程度の低さには
    絶望しています。

    ReplyDelete
  5. Anonさん、こんにちは。

    どれも大きく頷くことばかりです。
    そして、最後のところが。。。どうもそのようですよね。
    相当数の先生は、自分の英語力が、どれほど悲惨なものなのか、お気づきになっていないようです。あまりに低レベルだから、どこがどうおかしいのか、という話をしても、通じない。。。

    それでも、中には通じる方がいらっしゃることも確かで、そういう方がブログを読んで、考えてくださるといいなと思ってブログを書いています。

    ReplyDelete
  6. ほんと、おもしろい議論ですね。えっと、ここでもう一度、このブログの立場を再確認しときたいのですが。このブログは「研究会」ではありません。あくまで、英語が好きな人、英語を使って何かしたいって考えている人、そういう人たちに向けて、自分たちの経験を元にメッセージを送っており、そして読んでくれた人からもメッセージをもらって、さらに自分の経験をふくらませていこうって趣旨だと思います。(少なくとも私は)

    だから、学問的に見ると、このブログの記事は一貫性がないかもしれませんが、それでいいと思ってます。というか、学問的な一貫性よりも、「経験」にもとづく「感覚」重視だと思います。

    経験に基づいた「感覚」で、GRって変、ってこと。

    また、経験に基づき、いくらGR読んでも、英語が楽しめるようにはならないのでは、という仮説も出てくるんだと思います。

    ちなみに、私は言語教育に関する「学問的研究」はほとんどしてないし、しようとも思わない。他の学問は知らないけど、こと「外国語教育」に関しては成果が出てないのではないでしょうか。こんだけの研究があってそれなりの成果が出ているなら、こんなにも「学習法」や「教材」が世の中にあふれることはないと思いますが。

    教員として私は「学者」よりも「職人」的発想で考えています。

    ReplyDelete
  7. 教員のレベルの低さに関しては、ほんとその通りだと思います。現場にいるのでよーくわかります。自分も多読と出会う前はそんな感じだったと思ってますし、今でもまだレベル低いなぁ、と痛感してます。

    一番の問題点は、大学から始まり中学校の教員まで、「日本の英語教育会」という閉じられた世界の中で、お互いを賞賛しあって自己満足している状況です。

    だから、一番いいのは、「相手にしない」ことでしょう。

    といっても受験があるから、と考えてるかもしれませんが、今、日本の大学なんて行く価値あるんでしょうか?ほんとうに学問したいなら、あるいはいい就職先を考えるなら、多読で本物の英語力身につけてTOEFL受けてアメリカいっちゃったほうがいいんじゃないかな。。。

    ReplyDelete