TAB 多読 -tadoku and beyond!-  

いっぱい読んでたっぷり聞けば、英語はかって出てきます!

  

2012/03/29

テストじゃないって! / It's NOT the test, stupid!

私は高校の英語教師です。東京外国語大学外国語学部スペイン語学科出身。一流大学ですね。それも外国語学部。代ゼミの偏差値ランキングでも東大・京大・一橋に次ぐ「難関大学」であります。ちなみに、直前の代ゼミ模試の判定は、「E」。つまり、「志望校変更が望ましい。」

10年ほど前、TOEFL対策の授業をもたされました。高校でTOEFLなんて無理と思ってましたので、もう自分が授業中生徒と勉強して受けてやろうと思いうけました。すると、PBT633でした。

数年前に「多読」と出会い、辞書を捨てました。授業準備でも「自分が知らない単語を教える必要なんてない」と思い、辞書はひきませんでした。

で、昨年英検1級を受けてみました。対策?1ヶ月ほど、通勤電車の中でDaily Yomiuriをぱらぱらと読んだ。(実質20分くらい)。3日前に、過去問をやってみました。リスニングは一切やらなかった。単語集も買ったけど、30分くらい眺めて終わりました。

で、合格。2次試験(面接)では、言いたいことたくさんあるのに、「Sorry, it's time. You've stolen our question time.You can escape now.」といわれました。

こないだ、教え子がTOEIC受けるというので、「じゃあ俺も受ける。俺の半分とったら焼肉おごってやる。」といいました。対策はゼロ。過去問も見たことない状態で受けました。

で、990。なんじゃらほい。勝負した生徒は475をとり、「ひょっとして焼肉?」と期待したそうなんですが、僕のスコアを見て「ふざけんなよ!」と悔しがってました(笑)。

さて、この私のすばらしい経歴を見ると、多くの人が「すごい。」といいます。英語はもうネイティブなみ?とも思われる方もいるでしょう。実際、英検1級のレベルとしては、こんなレベル、らしいです。

でもね、こんなこと私できません。本人が言うんだから間違いない。

たとえばこのブログでも、日本語の後に英語で書いてますが、こんな英語しかかけないんですよ。それも、結構eijiro(オンライン辞書)を使っちゃったりする。これ書くときには「通じりゃいいよ。」というレベルで書いてるのでそんなに時間はかかりませんが、「恥ずかしくない」文章を書こうと思ったら、もう限りなく時間がかかる。

このブログの別記事にあるTEDのビデオも、ほとんど内容わかりません。ドラマとか映画も字幕なしだとほとんど理解できない。職員室の前の席に、ALT(外国人講師)が3人座っていて、休み時間にはかなり盛り上がってるのですが、会話の内容もわからない。(ALTは日本人英語教員に話しかけるときは、相当加減してくれますので理解できますが。)

それに対して、多読・多聴で英語を楽しんでいる人たちはどうでしょうか。

私なんかよりもよほど英語っぽい英語を、楽しんで使ってます。このブログの仲間が私の学校に遊びに来てALTと話している会話を聞いて、「この人帰国子女?」と思いました。(ウソでもおおげさでもない。)

私は「多聴」と称して、CALL教室(昔のLL教室ですね)で、生徒が勝手に1時間好きな英語のDVDを見るという授業しています。(日本語字幕、日本語音声を使っているのが発覚したら、その時点で単位を落とします。)半年くらいした後、英語字幕で見ていた生徒が字幕が邪魔、と言って字幕なしで見ていました。私が「おまえ内容わかるのか。」と聞くと、「全部聞き取れって言われたら無理ですよ。でもふつうに話しはわかるけど。」とあっさり言われました。私も同じDVD見てみましたが、もうさっぱりわからん。

そんなもんっす。

テストや資格なんて何の意味もない。学歴やテストでは超エリートの私本人が言うんだから間違いないです。

そんなもの気にせず、楽しみましょ。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
I'm a "pro" English teacher. I went to one of the most prestigious natinal university. My university is placed in TOP RANKING according to the ranking system of a famous prep school. But, my prep test score which i took just before the real exam, was "E," which means, "it's very unlikely you pass the exam." Anyway, I passed it.

A decade ago, I was in charge of TOEFL preparation course at school. I thought it was impossible for ordinary high school student to get a decent TOEFL score, so I used the course to prepare for TOEFL myself. I took TOEFL, and my score was 633 on PBT. It was almost perfect.

Some years ago, I came to know the method of TADOKU (extensive reading without using grammatical knowledge and dictionary). I threw away my dictionaries. I haven't used dictionary even when I prepare for class, cuz now I think it's meaningless to teach students the words which are unfamiliar even to me.

Last year, I took STEP (EIKEN) test, the most prestagious English placement test in Japan. How did I prepare for it?  I read newspaper on commuter train for about a month. (each day, about 20 minutes). Three days before the test, I did the previous test, though I didn't do the listening part. I bought a vocabulary book for the test, but I glanced it for half an hour, and threw it away, hahaha.

 And it was successful. In the interview (the 2nd step of the test), the interviewer said, "Sorry, it's time. You've stolen our question time. You can escape now..." though I had much more things to say...

One of my students told me he would take TOEIC. And I told him I would take it and I promised him I would invite him to a Yakiniku restaurant if he could take half of my score.

I didn't prepare at all.  I didn't even have a look at previous test question.

My score. 990. What's this? The student got 475, he would have imagined he won, but seeing my score, he gasped, "You're kidding!"

Well, many people are amazed with my marvellous academic background and test scores. They might think I am as good as a native speaker. Acutually the STEP organization says the level of the 1st grade is to be able to handle English almost in every aspect of daily life or in buisiness or academic activities.

However, I can't handle English as the organization says.  I swear.

Now I'm writing in English for this blog. But my level is like this. I use an online dictionary a lot. I don't try to be perfect writing the blog, but if I have to write a formal passage, like business letter or some kind of thesis, then it would take infinite time, or almost impossible for me to write a perfect English passage.

I don't understand the content of this video. I don't understand drama or movies in English without subtitles. In my office, my colleague ALT (native assistant Enlgish teacher) alway chat between themselves, but I don't get what they're talking about. When they talk to me, or a Japanese, they tries to use plain language, so I can understand.

Let's see what the people who enjoy leaning English are like.

They use much more natural Enlgish than mine, having fun. One of my friends (who co-produce this blog) visited my school. She talked with my colleague ALT. I was so surprised I was sure that she had lived in an English-speaking country. But it was not true. (I was not joking nor exaggerating.)

In one of my class, the students can watch dramas or movies in Englihs. (No Japanese subtitle, of course.) After having this class for half a year, I asked a student if he could understand what they say in the drama. His answer. "I don't think I can get all the language. But I can catch up with the story. Why do you ask?"

Well, I couldn't understand what was going on in the drama...

That's what "a marvellous academic career" or "top test score" is all about.

It makes no sense at all. Don't worry about tests. Just have fun!
 (Writer: TSJ)
にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

4 comments:

  1. 同感です。テストはテスト。特にTOEICは、測定できる英語力は初心者の英語力だと思います。ある程度より上の人は、900点台であまり差がつかない。

    ReplyDelete
  2. (TSJさん、ちょい先にコメントさせてもらいますね。)
    ものぐさ父さん、さっそくコメントいただいて、ありがとうございました。
    こちらではMrsMaloneと名乗っておりますが、今朝がたメッセージを送らせていただいたものです。
    このブログは出来立てほやほや。5人の仲間を中心に、様々な場所で英語多読している人に投稿をお願いして、
    活発に意見交換ができればと考えております。どうぞよろしくお願いいたします。

    ReplyDelete
  3. ものぐさ父さん様

    コメントありがとうございます。こういう考え方の人が多数派になればいいですよね。こどもに英検や漢検受けさせてる親にも、「受験でそんなのぜんぜん役に立たないよ。」って現場から叫びたい。

    ReplyDelete
  4. MrsMaloneさん、TSJさん、
    私も受験は英語で大学合格を勝ち取った口ですが、外資系企業ではまったく十分なレベルではありません。子どもたちには、同じ苦労をさせたくないので、この4月からSEGに通わせようと思っています。
    進学校では、文法中心の授業が行われているようです。勉強が得意な子にはそのほうが原理的で面白いのかもしれません。私もそうでした。でも、うちの長男はこれがまったくあわないようです。彼は、日本語ではものすごい多読&乱読家なので、文法から学ぶことに違和感があるのかもしれません。こういう子には、多読は向いているのではと思っています。私自身も読書が好きなので、まずは自分で試してみようと思っています。最初の目標は100万語ですが背伸びを止めてパンダ読みに徹したら、なんとかなりそうな気がしてきました。
    今後ともよろしく。

    ReplyDelete