TAB 多読 -tadoku and beyond!-  

いっぱい読んでたっぷり聞けば、英語はかって出てきます!

  

2012/03/24

旅せよ多読本プロジェクト!!

今日は早朝からワクワクわくわく!
多読本が溜まってきたな、どうしよう?という方?やってみませんか、
BookCrossing.com 使って旅せよ多読本プロジェクト!

やり方は簡単。
sign upしたら、サイト右上、information にある how to bookcross を読んでください。
要は、本にIDをつけて旅に出す。
手渡しだったり、街中に置いといたり!
そして手にした人が、読んでいるよとサイトにIDをいれてくれたら、
自分の本が、今どこを旅行中なのかわかるという寸法。
その人とメッセージ交換もできちゃいます。
他のSNS、twitter, Facebook, Goodreadsとも連携していますから、
使い勝手もよさそう。

このサイトについては、voice of America special English にも記事があります。
(Rさんのfacebook情報です。ありがとうございました!)

さっそく、公民館多読の集まりで、埃かぶってしまっている多読本たちを、
広い世界に旅立たせてあげようと思います。
海外まで旅行できちゃうかなあ~

(と、このように、好奇心や興味さえあれば、
義務教育の中学英語で可能なことは、山ほどあるのです。
このサイトを読むのでも、ポップアップで日本語訳が出る機能をPCにいれておけば、
なんとなく理解できるってもんですよね。

いつまでも勉強していて、何かいいことありますか?
できるかできないかは問題じゃない。
使おうとするかしないか、そこが分かれ目です。)
(Writer: MrsMalone)

追記:日本でも支部が開設されていました。
まずは英語のサイトで登録して、how toを読んだする。
そうしてやってみようとなったら、こちらを参考にどうぞ。

4 comments:

  1. 「旅せよ多読本プロジェクト!!」
    って好い名前ですね。
    私もBookCrossing.com に登録しました。

    ReplyDelete
  2. BookCrossingというのは、もう何年も前からあるプロジェクトなのですね。
    Ryotasanは登録されている。。。ということは、私の本がRyotasanの元へたどりつくと、
    ネットで確認できるのか。。。
    現段階では、サイトが日本語表示できないので、広めるのは難しそうですが、
    日本語表示できるようになれば、急速に広がりそうなアイデアですよね。

    こうしたSNSを利用したサイトはたくさんあって、世界中にネット友達を持てる時代になりました。
    でも、ここでネックになるのが、ちゃんとした英文を書こうとするあまり、
    メールのやりとりが億劫になってしまうことだったりすると思います。
    そうしたことについても、自分の経験に基づいた投稿を上げる予定です。

    ReplyDelete
  3. サイトの日本語化は現在準備段階で(97%?ほど完了というところでしょうか…もう少ししたら利用可能になると思います!!)、日本語でも話せるフォーラムを作ろう!という動きもあります :-)

    http://www.bookcrossing.com/forum/3/432574

    ReplyDelete
  4. salvamiさん、コメントありがとうございました。
    ボランティアの力で、日本でも広がりを見せているのですね。
    5月の催しに参加したいと、本棚をながめては、本選びしています。
    洋書でもいいですよね。

    ReplyDelete