TAB 多読 -tadoku and beyond!-  

いっぱい読んでたっぷり聞けば、英語はかって出てきます!

  

2012/03/22

なぜ、多読・多聴なのか

多読・多聴については、検索や大手書店の英語学習コーナーを見てもらえればわかるように、
相当な数の人が実践中なのかと思われます。
そのやり方についても、やさしくたくさん、多読三原則など様々、
使う素材も、教材っぽい本を好む人から、
iPadなどのgadgetを利用して多読する方もあるでしょうね。

ところがです。

こうした流れに乗っている、そもそも気づいている英語の先生って、
いったい何パーセントいるのだろうか?
中学の先生向け研修会で、これまた某有名大学の教授が自慢げに話したのは、
「私は年に十数冊のPBを読みます。」
だったそうです。

・・・・・
ちなみに暇人な私は、専門書は少なくて娯楽小説が中心ですが、
週に2、3冊。月で十数冊。
年なら100冊ぐらいのPBを読んだり、audio bookで聞くことを目標にしています。
これでも英語の先生という肩書を使うには、まだまだ足りないと感じるんです。
それなのに、英語の専門家が年に十数冊って、悲しすぎやあしませんか?
・・・・・

とまあ、日本の英語教育に徹底的に足りないのは、
”量”
ですね。
(長くなるので省きますが、量が大切だからといって、何でもいい、
例えば、プロゴルファーが宣伝しているような聞き流しがいいと言っている
わけではありませんよ。)

このブログは複数のメンバーが投稿を上げる形をとりますが、
この”量”が大切、という点では、みな一致しているものと考えています。

さて、ここでもう一つ、私が10年ぐらい多読・多聴を続ける中で、
きわめて重要なのに、学校英語ではその重要性に気づいてもいないのか、
正反対の教え方をしていると思うことがあります。
それは、至極あたりまえのこと。つまり、

「言葉の流れのまま理解する」

ことです。
日本語を読むとき、返り読みしませんよね。
文章をひっくりかえしていては、英語で会話なんてできませんよね。

でも、これってとってもとっても難しい。
私の場合は、簡単な文章であれば流れのまま理解できますが、
少し専門的なものや、文学作品になると、限界があります。

学校英語では、中1の初めから日本語訳の練習しますよね。
単語の語順を変えて理解することに、何の疑問も持っていない様子。
でもこれこそが、英語の使えない日本人を量産する学校英語の、
最大の弊害だと考えています。

日本語に変換する能力、技術は、翻訳者だけが獲得すればいいもの。
生徒には、英語は日本語に変換すれば理解できる、
という幻想を与えてはいけない。

じゃあ、どうやって初歩の初歩を指導するんだ、ってことですよね。
そこで、もどってくるのが、
「ごくやさしい本からはじめる多読」というわけです。
(Writer:MrsMalone)

10 comments:

  1. 現場の英語教師の方達はけっこう忙しい、と思う。
    でも、英語が好きで教師になったんじゃないのかなあ。
    だとしたら、つまらない(失礼!)教科書や問題集の英語に疲れたときは、趣味で好きな分野のPBを読んだらいいのに。

    でも、実はそんなに読めない、というのが実態。
    時間がないのではなく、読めない。
    辞書を引きながら読む訓練しかしてこなかったから。
    私もそうだった。

    数年前、Kazuo Ishiguro のRemains of the Dayを読もうとして挫折。英語力ないなーと思った。多読を初めて数年。最近読んでみた。読めた。でも、自分の好みではないことがわかった。(映画はすごく好きだったのに。)なーんだ。
    多読・多聴で広がる世界は複層的です。単に英語力がつく、ということではなくて。
    ただし、その「英語力」がどんなものかはなかなか説明がむずかしいよね。

    ReplyDelete
  2. Mamazonさん、このコメントにはびっくりしたよ!
    英語を専門にすると、本を読むために”辞書を引きながら読む訓練”をさせられるんだって!!

    私が初めて読んだPBは、Jeffrey Archer の Kane and Abel なんだけど、
    そのきっかけって、好意をもっていた男の子からすすめられたからで、
    そこにあったのは、読んだよって伝えたい!という熱い思いだけだったなあ。
    辞書を引くとか、まったく考えなかった。
    たまたま、私の好みど真ん中なストーリーだったから、あっという間に読んだんだよね。
    この前もう一度読んで、その長さに驚いた(゜o゜)

    と、こういう話を、趣味で英語を楽しんでいる人に話すと、共感してもらえるんだけど、
    先生の輪にはいったとたん、私はどこかの惑星から来ちゃったのでしょうかあ~ってぐらい伝わらない。
    どうなってんだか。

    ReplyDelete
    Replies
    1. No, no. I didn't major in English at college, but it's true that I studied English really hard in my junior and senior high school days. I tried to memorize every word and translated every sentence, and as a result, I always got excellent grades. However, Alas, I couldn't read PBs and I just thought that I had to try harder.

      What I wanted to say is: if you can enjoy reading PBs on a daily basis, you will easily be able to tell whether a book is your taste or not and won't blame yourself.

      Too bad there were no boys around me who recommended a PB to me...

      Delete
  3. 私は大学の時、授業で初めてPBを読んだけれど、やっぱり辞書を引き引き、すべて英訳しながらの授業で、
    1年かけて一冊読んでいました。あの頃は、それでも、文法の授業よりは楽しくて、
    ”PBを読んでいるんだ”などという気持ちでおりました。
    今考えると、1年にPB一冊なんて、なんという時間の無駄遣い。。。って思います。


    ”文法を知らなくては理解できない。単語の意味を日本語にすべてあてがわなければ理解になっていない”
    という思想をあまりにも当然に信じ込んでいました。今となっては

    ”その考え方が100%正しいと、なぜ言えるんだ?”と疑問を持ち
    違うんでは。。という考えも持つようになりましたが、
    多読を知る前は、まるで洗脳されていたかのように
    それだけを信じて必死で勉強していましたね。ああもったいない。。


    これからの世の中に出て行く子供達に、そんな既成概念にしばられて同じ間違った道を歩ませて
    時間を浪費させ、未来をしぼめるような学び方をしてほしくないし、

    大人の方たちにあっても、まだまだいくらでも変っていけるんだと言うことを
    声を大にして伝えたいですね。

    ReplyDelete
  4. Aprilさん、こんにちは!
    このコメントを読む前に、一通の葉書が届きました。
    公民館多読で知り合って、85歳!のおばあ様からです。
    杖をつきつつの参加なんですが、
    椅子に座って話し出せば、眼がキラキラ少女のようになって、
    私の戯言、絵本の楽しみや多読のことを聞いてくださいます。

    たしかに若い人のほうが上達は早いでしょう。でも、いくつになっても、
    やりたい!という気持ちさえあれば始められるのが多読ですよね。

    多読も広がったけど、私は、
    中にはレベル順にあげないといけないとか、また新たな縛りに囚われちゃっている人もいるのかなと、
    ちょい危惧するところもあったりして、
    こんな投稿になりました。
    他人の物差しじゃなく、自分が楽しめているかってことを意識して、
    多読していくことも大切だと思うんだよね。
    あー話が広がるので、今日はここまでねー

    BTW, I thought it might be good to exchange our comments in English, don't you think?
    I don't have enough courage to post an entry in English here, I'm such an gabby, bold-faced person though...
    But if it's for comment section, I don't mind making mistakes or anything as long as the person left a comment and I can enjoy chatting.

    Don't you think when you have more and more time to write in Japanese, your English writing quite easily get baffled and you can't enjoy it at all. We've got to make the most use of our chances to practice English writing.
    Talk to you again!

    ReplyDelete
  5. 現役高校英語教師です。私も、PBは辞書をひいて読みました。というか、挫折したというか。大学はスペイン語学科だったのですが、1年の夏休みに、こども(小学高学年程度かな)向けの小説を全部読めという宿題でした。もちろん辞書を使ってです。やりませんでしたけど。

    そんなわけで、多読を知る前は、外国語(英語・スペイン語)で何か読むということは、「読む」という行為でなく、「勉強」でした。だからもちろん感動もない。

    海外でオタク文化に憧れ日本語ができるようになってしまっている人は、そんな「お勉強」なんかしてない。

    そういうことでしょうね。

    ちなみに、「英語でなにかするのが好き。」ということで教師になった人はほとんどいないと思います。私もそうだし。

    で、前の記事にも書きましたが、学校・塾・予備校の先生や、大学の先生などの「教育関係者」を変えようと思っても無理でしょう。

    そういう人を相手にせず、みなさんがどんどん英語で楽しんで行くことがまずは大事なのではないでしょうか。

    このブログはそういう人に向けて発信していきたいと思ってます。

    ReplyDelete
  6. そうかあ、自分が楽しんでいる様子を記事にしたほうがいいのかあ。
    そこがなあ、難しいよなあ~
    ありのままを書くと、結局、引かれてしまうから。
    あと、表には書けないようなことだったりするし。
    mmm

    ReplyDelete
  7. 85才のご婦人の多読はじめ!すばらしいお話を聞かせてくださってありがとうございます。
    いくつになっても何かを学びたいというお気持ちをお持ちの方との出会い、本当にすばらしいですね。

    どんなに英語を学びたくても、年齢が上がると暗記や、難解な文法のお勉強はきつくなってきます。
    けれど、多読なら、いくつになってもはじめられるし、その人なりの楽しみ方があると思います。
    私自身も、”もう暗記は限界かな~。英語力は伸びないかな~”と、思い始めたころ多読に出会いました。
    ”暗記をしなくて、あんなお勉強もしなくて、こんなに英語に触れて、楽しめるんだ~”と
    思うようになれたことが何よりうれしいことだと思っています。

    今の時代に、おはがきでのメッセージ。これまたうれしいですね^^。
    これからのんびりゆっくり多読を楽しんでほしいですね。
    多読の会、がんばってください~




    Yay, I can't agree more. Let's chat both in English and Japanese. We need more and more chances to output.




    I know my writing is still full of mistakes.
    However, I don't care about such things much, because I am really enjoying chatting in English with many native-English-speaking friends^^.

    And also, there might be some Japanese people who would feel relaxed to read my messy writings, like "Oh, we can make friends with foreign people without being perfect! ".

    In this new world with the net, writing is a wonderful tool for a great adventure.
    I will be very happy to show my poor writings if they will be able to encourage people who are wishing
    to expand their world beyond only reading^^!

    ReplyDelete
  8. Mrs.Maloneさん、おはようございます。
    この記事、続きものとして、先を読みたいと思います。
    お願いします。

    オケラエス

    ReplyDelete
  9. オケラエスさん、コメントありがとうございました!
    オケラエスさんには、この共同ブログに至った経緯から何から、 たくさんお話したいことがあります。
    このブログでは、広く意見をのせたいと思っていますので、 頻繁に投稿することは控えていますが、
    なるべく続きものになるよう、心しておきます。
    試運転段階のブログですが、なにか投稿していただけることがあれば、ご連絡ください。
    p.s. HNは、オケラエスさんでよろしいでしょうか?

    ReplyDelete