TAB 多読 -tadoku and beyond!-  

いっぱい読んでたっぷり聞けば、英語はかって出てきます!

  

2012/01/01

メッセージ

<日本の英語教育を変えたい>

もうずっと前から「学校で何年英語勉強しても英語使えるようにならない」って言われてますよね。中学・高校・大学の現場を見れば、今のままじゃどうしようもないと思います。

英会話学校やラジオ・テレビの英会話番組も同じ。
このままいくらやっても英語を使えるようにならないでしょう。

記事を書いている私たちは、学校だけでなくいろんなところで英語を「教え」ながら、自分でも英語を使って楽しむ生活をしています。

このブログを参考に、英語や他の外国語を「使う」楽しさを体験してみませんか。

We gather here to
challenge the commonly practiced but hopelessly fruitless EFL education in Japan and explore productive and fulfilling ways to learn English.
It's a common knowledge, unfortunately, that Japanese people won't be able to be a fluent user of English, no matter how many years they study at school in Japan.
An overwhelming number of programs for learning English has been out there, from conversation schools to TV&radio programs, but they haven't shown any positive signs that they enabled Japanese to use English comfortably.
Here is a bunch of English teachers, who're teaching, learning and also enjoying using English everyday. We're hoping to show how enjoyable and rewarding learning English can be, especially with tadoku spirit.

■英語教育関係者の方へ
このブログへは、どのような経緯でたどりつかれたのでしょうか?
今のままの英語教育ではダメだという危機感を感じて?
それとも、流行の多読をビジネスにするためのヒントを求めて?

多読・多聴という言葉を、あちらこちらで目にするようになり、
授業に多読を取り入れている学校も数多くあるようです。
しかし、その多くがどこへ向かおうとしているのかわかない。
受験で点数が取れればそれでよし。その先のことなんて知らない。
そんな多読ばかりになってしまっていいのでしょうか。

このブログに、答えはありません。
みな試行錯誤しながら、毎日の授業にあたっているのです。
生徒とともに多読しながら、これからの英語教育について語り合いませんか。

■社会人の方へ
急に仕事で英語が必要になった。
TOEICで点数を出さなければならない。
ある日突然、英語が使えないではすまされない状況におかれてしまった、
そういう方も多いのかもしれません。
”英語教育の現場から”というのなら、何か答えが見つかってもよさそうですよね。

最初に言い切っておきます。
ここにはそうした緊急事態に対処できる即効薬はありません。
このブログだけじゃないですね。
短期間に英語が自由自在に操れるようになる方法なんて、
どこにも存在しません。

このブログには、英検1級保持者、TOEIC900超えメンバーが複数います。
でも、誰も資格のために勉強したことはないようです。
TOEIC満点ホルダーのメンバーの話では、
TOEICで測っているのは運動能力だそうですし。

さて、もしここまで読まれて、それでもブログ記事を読んでみよう、
ということであれば、
卵酒、しょうが湯、ホットレモン、それともカモミールティーかな、
そんなおだやかで、効いているのかいないのかわからない、
でもやっぱり違いが感じられる、そんなじわじわ英語力アップのお薬でしたら、
もしかしらた見つかるかもしれませんよ。
私たちと一緒に、多読をやっていきましょう!

■保護者の方へ
子どもさんが英語を自由に使えるようになったらいいですよね。
じゃあどうするか?
簡単です!

お父さん、お母さん。
子どもと一緒に、ごくかんたんな英語絵本を読んでみましょう。
一緒に声に出して読むのもいいですね。
わからない言葉が出てきたら、適当に読んじゃったらいいんですよ。

お父さんは、英字新聞から仕事に関連した記事を1つ2つ、
読んでみてはどうでしょう?
スマホやタブレットをよく使われるのであれば、
無料で読めるニュースサイトを見つけるのもいいですね。

え?そんな時間ないですか?
学校卒業して時間がたっているから、もう英語覚えていないですか?
そうですか。
だったら、自分の子どもが自由に英語を使うようになるなんて夢見るのは、
あきらめたほうがいいですよ。

今の日本の英語教育では、ごくごく少数の恵まれたケース、
(本当に力になる学び方を教えてくれる先生がいた、
学校でお勉強ではない多読を取り入れていた)
といった場合を除いて、学校や塾頼みでは、
自分たちと何ら変わらない英語教育を受けてお終いです。
その先に、いったい何があるのでしょう?

このブログまでたどり着かれたのであれば、
是非、使える英語を獲得するためには、どういったやり方をすればいいのか、
私たちと一緒に考え学んでいってください。

■生徒、学生のみなさんへ
学校では、どのように勉強しなさいと指導を受けたのかな?
やっぱり、わからない単語は全て辞書をひくのかな?
そして、和訳やるのが宿題?

このブログのメンバーはみな先生です。
自分たちを超えた英語力をつけてほしい、使える英語を身につけてほしい、
そういう思いで記事を書いています。

どんなことでもいいです。
疑問に思うこと、どうやっていいかわからない、
質問、意見、どんどんコメントしてくださいね。
一緒に多読をしていけるといいなと思っています。

No comments:

Post a Comment